Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本人は東京の猛暑の中でエネルギーを節約するために電気を消すことを要求します| 日本

日本人は東京の猛暑の中でエネルギーを節約するために電気を消すことを要求します| 日本

日本政府は、雨季が早く終わった後の6月に首都をめぐる戦いが記録的な気温に達したため、東京地域の何百万人もの人々にエネルギーを節約するか停電に直面するよう警告しました。

気象庁によると、市内では摂氏35度(華氏95度)までの気温が1日中予想され、残りの週も同様の異常気象が予想されていました。

磯崎義彦副首相は記者団に対し、「埋蔵率の低い夕方のエネルギー消費量を削減するよう国民に求めている」と述べた。

磯崎氏は、熱中症に注意する必要があると付け加えたが、家族や企業に未使用の照明を消し、エアコンの使用を制限するようにアドバイスした。

経済産業省によると、この地域に住む人々は東京電力がサービスを提供しているとのことです。 [Tepco] 特に需要が午後遅くと夕方にピークに達する場合は、エネルギーを節約する必要があります。 報告によると、当時の東京とその周辺地域の埋蔵量は3.7%に低下する可能性があります。 停電および停電のリスクは3%未満です。

同省の尾川要氏は、日曜日の気温が予想を上回ったため、電力需要が予想を上回ったと述べた。 「今シーズンの猛暑にショックを受けました」と尾川は語った。 「協力して、できるだけ多くのエネルギーを節約してください。」

日本の大部分は、通常、雨季の真ん中に不快な気温が低くなります。 しかし、月曜日に、代理店は、東京を含む関東地方でシーズンが終了したことを発表しました-最も早い記録された日付-。

記録は1951年に始まり、通常より22日早くなって以来、シーズンに最も近い終わりでした。

初版、無料の毎日のニュースレターを購読する-毎週平日の午前7時GMT

最近、気温は国の他の地域を襲っています。 東京の北にある群馬県の磯崎市は、日曜日に、6月に摂氏40.2度で国内で最も高い気温を記録しました。

毎日新聞は、熱中症で週末に250人以上が首都の病院に運ばれたと報じた。

気象庁は声明のなかで、「雨季が終わると、多くの人が熱に完全に順応しておらず、熱射病のリスクが高い」と述べた。

当局は、熱中症を防ぐために外でマスクを脱ぐよう人々に勧めていたが、月曜日に東京でまだ多くの人が顔の覆いを着ていた。

観光のために街を歩き回っているナルス麻子さんは、初夏にこんなに猛暑を経験したことは一度もないと語った。 「私は北日本出身です。だから、これらの気温は非常に激しいようです」と彼女は言いました。

READ  トランプの最新レポート:1月6日の法定メモは2020年の大統領選挙をキャンセルする計画を示しています