Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本人を悩ませている「技術流出」は、実は日本に恩恵をもたらす交流です

写真:VCG

日本で最も高く評価されている学者が中国で働くことを選んだ理由を反映した日本のメディア報道は、最近脚光を浴びています。 TBS TVはこの問題について私にインタビューしましたが、私は一般の反応をフォローしていません。 日本政府が科学研究により多くのお金を投資できることを常に望んでいます。 これは、私がTBSの面接に受け入れられた理由の一部を説明しています。

中国の大学との交流は早くから始まりました。 1996年に大連理工大学の教授に会い、2000年に北海道大学に優秀な中国人学生を紹介しました。その後、より優秀な学生がやって来ました。 これらの学生は、浙江大学や香港理工大学などの大学で教え続けました。 これにより、中国の大学とのつながりが深まりました。

1990年代の中国の研究環境はどうだったか知っています。 そのため、過去20年間、中国では大きな変化を遂げてきました。 2011年以来、彼女はいくつかの中国の大学で客員教授として働いてきました。 毎年、私は中国で1、2か月働きました。 約5年前、中国の大学から大学教授に誘われましたが、躊躇しました。 しかし、2年前に中国に戻ったとき、状況が変わったと感じました。

2019年に北海道大学を退職し、深セン大学に准教授として入社しました。 深セン大学の研究環境は非常に良く、日本の大学や周りの質の高い研究グループにはない高度な設備が整っています。 日本のハイテクの中国への流れについては、少なくとも土木分野では、研究設備や研究成果の面で中国がすでに日本を上回っていると言わざるを得ない。

「技術の流れ」についての議論については、日本人は中国を誤解していると思います。 現在、中国の大学が日本人研究者を採用する意図は、彼らが日本から知識や技術を取得することを許可することではありません。 中国の大学は世界中から優秀な人材を採用しており、その中には日本の科学研究者もいます。 彼らは、米国に行くことを選択する他の多くの人々と同じように、より良い/より良い選択肢としてさまざまな理由で中国に来ます。

私は研究者として、この研究(構造工学と材料)が大好きで、地球と人間に貢献したいと思っています。 私は日本人ですが、私の研究の出発点は、日本のような特定の国や国としての日本に利益をもたらすことではありません。 より多くのプロジェクト資金が利用可能である場合、および/または中国のような国で関心のある研究トピックを承認することがより簡単である場合、研究者がより良い研究条件を持つ国を選択することは完全に自然です。

確かに、私は日本土木学会の会長エレクトとして、日本の学界と密接な関係があり、研究成果が日本で実を結ぶように日本の学者と共同研究を行ってきました。 ですから、日本の技術が中国に流れているのではなく、中国での研究成果が日本に戻ってきているのです。

現在、多くの若手研究者が日本での就職に苦労しており、日本全体が抱える問題となっています。 日本では博士号を取得する方針がありますが、研究職の数は増えていません。 私が働いていた北海道大学のような一流大学では、フルタイムの教師の仕事が減っています。 多くの若い日本人研究者にとって、地元の中国人研究者は非常に優秀であり、多くの海外の才能がより良い研究環境で国にやってくるので、彼らは中国の大学に採用される機会を得ることができて幸運です。 これは間違いなく中国の競争を激化させます。

実際、研究者だけでなく、あらゆる分野の日本人が開発の機会を求めて中国にやってくるようになっています。 中国は、年齢、経験、職業に関係なく、より多くの日本人にとって活発な舞台になりつつあります。

中国人は強い競争意識を持っており、日本人にはない大きな部分である目標に向かって努力する意欲があります。 しかし、中国は「量」に重点を置いており、研究成果は「量で判断する」べきだと考えています。 一部の中国人研究者は、結果を出し、研究論文を書くために研究を行っており、その後、より多くの科学的研究資金を申請することができます。 対照的に、日本の研究者は彼らの愛のために科学研究の道を歩んでいます。

中国の論文数は世界で他に類を見ません。 したがって、品質にもっと注意を払う研究環境を作る必要があります。 量に焦点を合わせると、オリンピックの金メダルを獲得できますが、ノーベル賞のような最高品質の研究賞を獲得できない場合があります。 私の中国の理解に基づいて、それはその言葉を現実にする国です。 中国が国力で現在の研究環境を改善したいのであれば、それを管理できると思います。

この記事は、深セン大学の著名な教授であり、日本土木学会の会長である上田多聞へのインタビューに基づいて、環球時報の記者シェン・シャオジンによって編集されました。 意見globaltimes.com.cn

READ  事実:電気自動車用バッテリー:主要なプレーヤーとその拡張計画