Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本人ドライバーはF1に参入しようとしているが、言語と地理的障壁に直面している

日本人ドライバーはF1に参入しようとしているが、言語と地理的障壁に直面している

鈴鹿、日本 (AP通信) — 約20人の日本人ドライバーが約50年にわたりF1でレースをしてきたが、成功は限られていた。 これまでF1レースで優勝した日本人ドライバーは一人もおらず、岩佐歩の目標は信じられないほど高いことを意味する。

「レギュラードライバーとしてF1のシートに座りたい、そして世界チャンピオンになりたい」と22歳の岩佐は金曜日、チームRBの練習セッションを主導した後語った。 「確かにそれは簡単ではありません。」

岩佐が日本のホーム観客の前でパフォーマンスする機会を得られたのは、部分的には彼の国籍のため、部分的には彼の才能のため、部分的にはホンダ(旧アルファタウリとして知られるRBチームと元のレッドブルチームを運営する)のおかげである。鈴鹿サーキットも走っています。 。

彼はシーズンのスタートが遅れているダニエル・リカルドの代わりとなるが、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝候補となっている土曜の予選と日曜のレースに出場する予定だ。 4周目で出てくる 2週間前にオーストラリアで。

F1のシートは20席しかないため、岩佐はその才能にもかかわらず、すべてにおいて成功を収めた。

彼の練習タイムは、いつもの日本人RBドライバー、角田裕毅のタイムに遠く及ばなかった。 岩佐は少し遠慮したと言い、自分の目標は単にチームが車のデータを入手するのを助けることだった、と語った。

「F1マシンとは全く違う感覚だ」と自動車レースの下位フォーミュラをドライブした岩佐は語った。 「驚くべきことだ。クルマのトラクションが増し、限界がはるかに高くなっている。」

神経? 中部日本サーキットで地元のファンの前を車で通り過ぎながら、彼は大したことはなかった、と語った。

「クルマの中で何をしなければならないか分かっていて、セッションの計画も立てていたので、あまりプレッシャーは感じなかった」と岩佐は語った。 「だから、自分の仕事に集中していただけで、予想よりも少し早くペースを上げることができました。」

佐藤琢磨はF1で限定的な成功を収めているしかし、彼はインディアナポリス500で2度優勝しました。

70近くのF1レースをドライブしてきた角田は、なぜ日本人ドライバーが苦戦しているのかと尋ねられた。

「まず第一に、私たちはヨーロッパから非常に遠いです。主にヨーロッパのジュニアカテゴリーでレースしてスーパーライセンスを取得したいと考えていると思います。そして、注目を集めるためにF1チームにできるだけ近くなることが必要です。」と角田氏言った。

また、ヨーロッパのドライバーは日本のドライバーよりも若い年齢でレースを始めると述べた。 また、文化的および言語的な障壁も加わりました。 岩佐さんも角田さんも英語が堪能で、インタビューも英語で行います。

「ヨーロッパに行ってレースをし、ヨーロッパのドライバーと競争しなければならないので、それは少し難しいかもしれません。当然、言葉も難しいです。日本人は英語をあまり上手に話せません」と彼は語った。

「したがって、うまくコミュニケーションをとり、クルマに何を求めるのか、たとえばセットアップなどを正確に決めるのは難しい。これらには時間がかかるだろう。」

___

式1: https://apnews.com/hub/formula-one

READ  ジョーウィロック:ニューカッスルは約2500万ポンドでアーセナルの選手に同意します| サッカーニュース