Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本人ランナーの西山選手が東京マラソンで9位に入賞。 大迫がパリ大会出場を確保

日本人ランナーの西山選手が東京マラソンで9位に入賞。 大迫がパリ大会出場を確保


読売新聞
日曜日、ランナーたちは東京都庁前で東京マラソンをスタートする。

読売新聞資料写真
大迫傑

大迫傑選手は今年のパリオリンピックの男子マラソン出場権を獲得し、日曜日の東京マラソンでは日本のトップ選手である西山裕介選手が9位に入った。

西山選手は出場資格に必要な2時間5分50秒に届かない2時間6分31秒を記録し、2024年オリンピックへの出場権を逃した。

“彼彼女 [cutting the personal best by more than one minute] 予選タイムを逃したのでは意味がありませんでした。 「とても残念です」と西山はレースを振り返った。 これまでの自己ベストは、2022年2月に別保大分毎日マラソンを走ったときの2時間07分47秒だった。

10月に東京で開催されたマラソングランプリチャンピオンシップ(MGC)で上位2位となった小山直樹選手と赤崎章選手が、日本勢の3枠中2枠を確保した。 3位は東京マラソンを含むその後の3つの予選レースで出場基準に達した最速のランナーに与えられる。 しかし、日本のトップ選手は誰もタイムを破ることができなかった。 よって、3位はMGC3位の大迫選手に決定した。 大迫は日曜のレースには出場しなかった。

このレースはケニアのベンソン・キプルトが2時間2分16秒で優勝した。 リオデジャネイロと東京でオリンピックを連覇した同胞のエリウド・キプチョゲは2時間6分50秒で10位に終わった。

READ  マンチェスター・シティがチェルシーのスター、マテオ・コヴァチッチとの契約交渉を行っている