Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本人観光客の帰国は、ハワイの経済を救うのに間に合うかもしれません

ハワイ大学のエコノミストは、金曜日に発表された冷静な経済予測で、インフレと金利の上昇が消費者の購買力を損なうため、米国経済がハワイの経済回復を弱めると予想している.

しかし、ハワイ大学経済研究機構によると、楽観的な理由が 1 つあります。 活況を呈している観光産業は衰退の兆しを見せていない、と UHERO は報告しています。

米国本土が不況に陥ったとしても、UHERO は、ハワイの主要な雇用部門の 1 つであるハワイの勢いを維持するには、日本人旅行者が数年ぶりに島に戻ってくることを期待しています。

エコノミストは、日本からの帰国旅行者がハワイを景気後退から救うことができると言います。 コーリー・ロム / シビル・ピート

「ついに始まった日本の旅行の復活のおかげで、ハワイは完全な失業を免れるかもしれない」とUHEROは報告している。

この予測は、日本の岸田文夫首相が木曜、日本が1日あたりの到着上限を引き上げ、10月11日からビザなしでの渡航を許可すると発表したときに出された. ジャパンタイムズ 言及された。 日本は以前、旅行者に対するCovid-19検査要件を緩和していましたが、1日の到着数を制限したことで、日本を出入りする旅行の数が制限されました。

州最大の民間航空会社であり支配的な航空会社であるハワイアン航空は、岸田氏の発表を楽観的な理由と呼んだ.

「これは明らかに非常に大きな変化です。

パナギオトリアス氏によると、日本ではハワイへの旅行に対する需要が非常に多く、休暇の場所としてのハワイのアイデアがコミュニティに織り込まれています.

以前は、韓国、オーストラリア、ニュージーランドなどでは、これらの政府が制限を解除したときに、需要が滞り、観光客が大幅に増加したと彼は言いました。

「私たちがサービスを提供しているすべての地域で、需要が滞っているという現象は非常に現実的です」と彼は言いました。

木曜日の記者会見で、UHERO の CEO である Carl Bonham は、UH のエコノミストである Byron Gangins、Stephen Pond Smith、Peter Volcke、Justin Tindall、Rachel Inafouko とともに発表した予測について話しました。

ボーナムはハワイ歳入庁でも働いており、州政府の役人が利用できる税収を予測するために使用する予測を提供しています。 さらに、UHERO の後援者にはビジネスおよび非営利セクターの主要なプレーヤーが含まれており、組織のレポートは経済に関する議論の試金石となっています。

ボナム氏は迫り来る本土の景気後退について、「ハワイはデフレをあまり起こさずに乗り切れる可能性があり、それが我々の予測によるものだ」と語った。 「それは主に、私たちがまだ回復モードにあるためです。」

彼は、ハワイ最大の国際市場からの統合が不可欠であると述べました。

「今年の第1四半期までに、日本人観光客はパンデミック前のレベルの約50%に戻ると考えています」と彼は言いました。 「日本人の旅行者に対応する企業が復活し始めていることはすでに想像できます。

「パンデミック前のレベルの 50% に戻せば、企業は間違いなく違いを感じるでしょう」と彼は言いました。 「結婚式ビジネスは回復し、大打撃を受けた一部の小売業者や飲食店では、トラフィックが増加し始めるでしょう。」

これは、大企業だけでなく、各務真美のような起業家の巨大なエコシステムにとって朗報です。 A La Maison by ManYU Flowers オーナー. 東京出身の熟練したフローリストであるカガミは、かつてザ・カハラ、シェラトン・ワイキキ、モアナ・サーフライダー、モダン・ホテルなどのホテルで、15 人のフローリストのチームを組んで日本人観光客の結婚式を主催しました。 しかし、それはすべて疫病で枯渇しました。

Kagami さんは、中小企業庁 (SBA) の連邦給与保護プログラムとオーナーからの家賃控除のおかげで、ムウェリにある彼女の店を維持することができたと彼女は言いました。

しかし結局、日本の結婚式ビジネスが復活する兆しは見えず、かがみは自分のフラワー スタジオの 2 階の部屋のいくつかを日本の骨董品とフランスの磁器の店に変えました。 現在は、地元の人や海外からの訪問者を対象とした日本の抹茶会など、宇宙を舞台にしたポップアップ イベントも行っています。

カガミ氏は、フラワー ビジネスの改善を待ちながら、小売スペースのおかげで顧客ベースを拡大できると語った。

「それらを同時に混ぜ合わせることができれば、そのほうがいいでしょう」と彼女は家庭用品と花屋に言及して言った. しかし、彼女は日本がハワイに戻ってくることについて楽観的ではありません.

よく見えない」とカガミは言った.

お花屋さん 加賀美まみ
ManYu Flowers Show と A La Maison Housewares Show のオーナーである加賀美麻美氏は、円安が日本人の訪問者を妨げ続けるのではないかと心配している. スチュアート・ワートン / シビル・ビート / 2022

ボーナムとパナギオトリアスは、そうなるとは考えていません。 どちらも円安とホテルの客室料金の上昇を受けており、パンデミック前よりも平均で約 30% 高くなり、6 月には 1 泊平均 388 ドルでピークに達しました。 ボーナム氏は、日本人の訪問者が買い物や活動に費やす余分な現金が少ないかもしれないことを認めましたが、彼はそれでも彼らが戻ってくることを期待しています.

パナギオトリアスもそうだった。 彼は、他の市場が開いたときも同じ要因が働いており、観光客は依然としてハワイに来ていたと述べた.

さらに、彼は、日本の人々はパンデミックの間、大部分が雇用され、働き、貯蓄を築いたと述べた。

「人々はそれを使う機会を探していることを強調したい」と彼は言った。

観光は依然としてハワイの王様です

UHERO の予測は、ハワイに関する基本的な事実のように見えることを裏付けています。それは、経済は観光客に依存しているということです。

Covid-19のパンデミックが観光への過度の依存の危険性を示したとき、多様化の惨めな話にもかかわらず、政策立案者は何も変える能力をほとんど示さなかった. デビッド・イゲ州知事は、ハワイアン・エレクトリックの元CEOであるアラン・オシマを「州の経済、コミュニティ、回復力回復のナビゲーター」として迎え入れましたが、大島が何を成し遂げたのかは明らかではありませんでした。

別の取り組みとして、パンデミックの最盛期に、IG の経済開発担当ディレクターで元首席補佐官のマイク・マッカートニー氏は、国内企業や国際企業で遠隔地で働くよう訓練することで、州がホスピタリティ労働者に 40,000 近くの雇用を創出できると示唆しました。 しかし、これらの機能が実現されることはありませんでした。

それはほとんど驚くべきことではない、とボーナムは言った.

「そもそも信じられなかった」と彼は言った。

インフレは家族に圧力をかける

これで観光は終了です。 良いニュースは、好調な観光産業がハワイの経済を維持していることです。 悪いニュース: ここはまだ大変です。

ハワイのインフレ率は米国全体の 8.5% よりも低かったものの、3 月のハワイのインフレ率は依然として 7.5% に達しており、これはハワイの人々が商品やサービスに対してかなり多くの金額を支払っていることを意味します。生活費は、物価上昇の前に人々が生き残ることをすでに困難にしていました。 これは、インフレ上昇前よりも長生きするために、多くの家族が年間 3,000 ~ 3,500 ドルを費やしていることを意味すると、ボーナム氏は述べています。

「多くの世帯で 7.5% というインフレ率は、全国的にも劣悪です」と彼は言いました。

連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は、インフレを抑えることが優先事項であることを明らかにしており、連邦準備制度理事会は個人や企業がお金を借りたり使ったりするのを難しくするために金利を上げ続けます. UHERO は、この夏のワイオミングでの会合に言及し、パウエル議長は、たとえ企業や家計に苦痛を与えても、FRB は利上げを続けると述べた。

しかし、ボーナム氏は、ハワイは本土に迫りつつある不況のより広範な痛みを避けることができると述べた.

「私たちは国の他の地域と同期していません」と彼は言いました。

彼は、本土で起こっていることがハワイでも起こっているという考えを、後に「都市伝説」と呼びました。

しかし、ボーナム氏は、日本に大きく依存していると述べた。 日本人旅行者がUHEROの期待通りに来ず、米国経済の悪化が続けば、「ハワイは不況に陥る可能性が高い」と語った。

変化するハワイの経済からの助成金による支援 ハワイコミュニティ財団 CHANGE Framework プロジェクトの一部として。

READ  世界的なインフレの波が、パスタからガソリンまで、日本の価格を押し上げています