Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業、司法省からの要請を受け、USスチール買収契約の締結を今年後半まで延期

日本企業、司法省からの要請を受け、USスチール買収契約の締結を今年後半まで延期

日本製鉄は金曜日、予定されていた工場閉鎖を延期したと発表した 141億ドルでUSスチールを買収 米国司法省がこの取引に関連するさらなる文書を要求してから3か月間。

東京に本拠を置く新日鉄はすでにこの取引について発表している USスチール株主の承認、まだ通過すると予想されています。

日本製鉄は声明で「今後も関係当局の調査に全面的に協力していく」と述べた。

販売計画が立てられました ジョー・バイデン大統領政権の反対 経済と国家安全保障の理由、そして11月の選挙で共和党の大統領候補となる可能性が高いドナルド・トランプ前大統領から。

新たな時期により閉鎖は選挙後まで延期される可能性があるが、新日鉄は遅れがそれに関連していることを否定した。

当初、契約は9月までに完了する予定だった。 日本企業らしく匿名を条件に同社の広報担当者が語ったところによると、現在は12月までに閉鎖される予定で、早ければ9月にも閉鎖される可能性があるという。

ピッツバーグに本拠を置くUSスチール社の株式の98%以上が4月の特別投資家会議で買収承認に賛成票を投じた。 日本製鉄は、取引を進めるために十分な資金を準備していると述べた。

USスチールと日本製鉄の合併は昨年12月に初めて発表され、それが労働組合に加入している労働者、サプライチェーン、米国の国家安全保障にどのような影響を与えるかについて懸念が高まった。

日本の岸田文雄首相は先月バイデン氏と会談した。 しかし、この話題がサミットで取り上げられた形跡はなかった。

首脳らは米国の鉄鋼売却に反対を表明

バイデン氏が最近ピッツバーグの全米鉄鋼労働組合本部を訪問した際、 新日鉄買収への反対を改めて表明した。

バイデン氏は「USスチールは1世紀以上にわたってアメリカを象徴する企業であり、オールアメリカン企業であり続けなければならない」と述べ、全米鉄鋼労働組合本部で聴衆から拍手喝采を浴びた。 「米国が所有し、米国が運営する米国鉄鋼労働組合は世界最高だ。それは必ず起こる。私は約束する。」

ペンシルベニア州には民主党の上院議員が2人いるボブ・ケーシー上院議員とジョン・フェッターマン上院議員はともに売却に反対を表明している。 フェッターマン氏はブラドックにあるUSスチールのエドガー・トムソン工場の向かいに住んでおり、雇用の保護について声を上げてきた。

USスチールの最高経営責任者(CEO)兼社長は、本社はピッツバーグに残ると述べた。

全米鉄鋼労働組合も反対した 取得。

米国の鉄鋼産業は過去数十年にわたって衰退しており、世界の鉄鋼生産は当初は日本、そして最近では中国が独占している。 この合意に基づき、USスチールは1901年に設立されたピッツバーグの社名と本社を維持することになる。

READ  メッセージ:日本の企業イニシアチブが疑わしいと思われる理由