Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業がウクライナを訪問、関係探求へ

日本企業がウクライナを訪問、関係探求へ

日本企業関係者らがビジネスチャンスを探るためウクライナを訪問している。 彼らは企業と会い、双方に利益をもたらす可能性のある連携について話し合ってきた。

木曜日、日本企業10社とウクライナ企業約20社の代表者が首都キエフに集まった。

日本の当局者は海外で自社の技術と実績を宣伝した。 ウクライナ側は、企業が国内に進出するメリットについて質問した。

日本の IT 企業である Sagri は、衛星画像と人工知能を組み合わせることで肥料の使用をどのように改善できるかを共有しました。

CEOの坪井俊介氏は、ウクライナの人々と直接話すことができて良かったと語った。 次回は農地を訪れてみたいと付け加えた。

ウクライナ企業の関係者ドミトロ・シェフツォフ氏は、「日本企業が私たちと協力し、私たちと彼らの事業の拡大を協力してくれることに感謝している」と述べ、「彼らはウクライナが回復力を持ち、国の再建に前向きになるのを助けてくれている」と語った。

両国の当局者は昨年2月に東京で会談し、ウクライナ再建における協力方法について話し合った。

東京都は復興に携わる企業や団体のウクライナへの渡航制限を緩和した。 また、日本企業の国内進出を促進する措置も講じた。

日本貿易振興機構理事長の片岡進氏がイベントを企画した。 同氏は、日本企業がウクライナにおけるビジネス上の課題やウクライナ企業の期待を発見できるよう支援し、取り組みが復興支援に発展できるようにしたいと述べた。

READ  コロナウイルスの蔓延に対する制限は、日本の観光の回復を妨げます