Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業がスコットランドに工場を設立

日本企業がスコットランドに工場を設立

住友電気工業は、スコットランドに電力ケーブル工場を建設する計画を発表した。

日本企業は、進行中の洋上風力プロジェクトの数により、英国は電力ケーブルの最大の市場の 1 つになると予想されると述べました。

住友商事は、2019年に英国の直接高圧海底ケーブルシステムをベルギーリンク(NEMOリンク)に納入し、敷設しました。 400 kV ケーブル システムは、現在でも商業運転において業界で最も高い電圧です。

これにより、同社は、英国とアイルランドを結ぶプロジェクト (Greenlink Interconnector) を含む、グローバル市場で複数の契約を獲得するに至りました。

新しい施設はスコットランド高地に建設される予定で、この地域でのハイエンド ケーブルの需要の高まりに対応し、オフショア ウィンド ファーム用のケーブルとより多くのネットワーク接続を提供します。

この発表は、ニール・グレイエネルギー長官が日本を訪問した際に行われ、大阪で住友商事の代表者と面会した。

住友電工の社長兼最高執行責任者である井上修は、次のように述べています。

「住友電工は、グリーンコミュニティを開発する技術を持っており、スコットランドと英国の政府やその他の利害関係者と協力して、地域の将来の洋上風力発電プロジェクトと電気相互接続プロジェクトに取り組んでいきます。」

グレイ氏は、「この重要な発表は、ネットゼロ経済のビジョンに対する投資家の信頼の強さを示しています。

「住友電工は、スコットランドで急速に拡大する洋上風力部門をサポートする上で非常に貴重な再生可能エネルギー技術の実績を持っており、ScotWind を通じて 27 GW を超える発電容量を実現するという野心を持っています。

「スコットランド政府、スコティッシュ・ディベロップメント・インターナショナル、ハイランズ・アンド・アイランズ・エンタープライズは、この重要なパートナーシップを強化し、世界的な再生可能エネルギー革命によってもたらされる機会を解き放つために、引き続き住友電工と緊密に協力していきます。」

READ  日本のビジネスサービスの価格の緩やかな上昇は、商業銀行のジレンマを浮き彫りにします