Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業がノースカロライナ州に投資を続ける理由

日本企業がノースカロライナ州に投資を続ける理由

日本の岸田文雄首相と岸田洋子夫人は先週、知事公邸を訪問し歴史に名を残した。


知っておくべきこと

  • 日本の岸田文雄首相と岸田洋子夫人は先週、外国首脳として初めて知事公邸を訪問した。
  • ノースカロライナ州と日本のつながりは 1890 年代にまで遡ります。当時、日本人学生はノースカロライナ州立大学と UNC の最初の留学生の一人でした。
  • ノースカロライナ州は、NC日本センターや州内の学校での日本語プログラムなどを通じて、日本との文化的なつながりを継続してきました。
  • 知事室によると、日本はノースカロライナ州への最大の海外直接投資源であり、経済的な結びつきも残っているという。

外国の国家元首による知事公邸訪問は初めてだが、日本と旧北方州との長年にわたる深く貿易と文化の結びつきの一つの出来事でもある。

130年にわたる文化コミュニケーション

ノースカロライナ州と日本の関係の歴史は、2 人の学生と 1 体の人形の 3 つの物語によって特徴づけられます。

最初の物語は、ノースカロライナ州立大学を卒業した2人目の留学生であり、米国で大学フットボールをプレーした最初の日本人であると考えられている杉下哲作を中心に展開していると、ノースカロライナ州立大学ジャパンは発表した。

杉下は 1894 年に新入生の第 4 期生として同校の土木工学科に入学しました。 日本の工業化への取り組みの一環として、工学を学ぶために米国に派遣されたのではないかと考えられている。

「1860 年代から 1880 年代にかけて、約 20 人の日本人が工学のさまざまな分野で学ぶために米国に派遣されましたが、そのほとんどが官職に戻りました。大日本帝国鉄道で働いていた杉下氏もそうでした。ノースカロライナ州立大学日本センターの元所長であり、ノースカロライナ州立大学土木工学教授のジョン・バオ氏は、「彼女が戻ってきたとき、日本は正しかった」と語った。

杉下さんは在学4年間で同校サッカー部のミッドフィールダーとして最大12試合に出場した。 彼は日本でこのゲームが普及する 40 年前にこのゲームを学びました。

トライアングルには杉下と同時に二人目の留学生がいた。 同大学によると、東京出身の門司新三郎氏はUNC初の留学生とみられ、1893~1894年度に同校に在籍した。

数十年後の1951年、広島大学への原爆投下後、国連軍司令部は広島大学図書館に書籍を送りました。

日本と古き北欧の国との関係の歴史を特徴づける3番目の物語は、人形のミス・カガワの物語です。

在ノースカロライナ日本の名誉領事デビッド・ロビンソン氏によると、この人形は1927年に日本から贈られたもので、州と国家の間で最も長く在任した大使だという。

真珠湾攻撃後、展示されていた他の多くの日本人形は米国に保管されたが、加川さんは米国に展示された唯一の人形であり、ノースカロライナ自然科学博物館に展示された。

ミス・カガワは1998年まで展示され、その後改修のために日本に送られた。 2000 年に彼女がローリーに戻ったとき、歓迎のホームパーティーが開かれました。

クリスティーン・クーパー、ノースカロライナ州ファーストレディ、中央。 前田美緒(山本) 在アトランタ日本国総領事夫人。 背景センター。 メイア橋を歩く岸田陽子首相夫人。 (デューク大学)

日本の岸田文雄首相の妻、岸田陽子さんは先週、この人形を見るために自然科学博物館に立ち寄った。

岸田氏はまた、伝統的な日本の茶道のためにデューク大学のカルバーソンアジア樹木園にも立ち寄った。 日本庭園は、ダラム市の姉妹都市である日本の富山市からインスピレーションを得たものです。

現代文化のつながり

日本人学生が初めてノースカロライナ州の大学に入学してから 130 年が経ち、文化的なつながりが形成され続けています。

アニメーションは、毎年恒例の日本のアニメと文化のカンファレンスであり、茶道、言語と文化のクラス、日本文化研究などのイベントを開催します。

ノースカロライナ日系人協会の会長も務めるロビンソン氏は、このイベントは日本文化を祝うものであり、ノースカロライナ州の大学にある多くのプログラムの一つで人々が日本語と日本文化を学び続ける手段となると語った。 。 。

ウェスタンカロライナ大学、ノースカロライナ大学シャーロット校、ノースカロライナ大学ウィルミントン校など、州内の学校には日本語プログラムがあります。

UNC では、日本語、日本文学、日本文化の授業を提供しています。 デューク大学には、学生に日本語と日本文化を教えることを目的とした日本語プログラムがあります。

しかし、ノースカロライナ州のすべての学校の中で、ノースカロライナ州はおそらく日本と最も深いつながりを持っています。 同校には、政府の通商使節団の東京訪問を受けて1980年にジェームス・ハント知事によって設立されたNCジャパンセンターがある。

2024年4月12日金曜日、ノースカロライナ州ローリーのノースカロライナ州行政官邸で行われた名誉昼食会で講演する日本の岸田文雄首相(ロバート・ウィレット/AP通信、プール通信)。

ロビンソン氏は、このセンターは海外直接投資にサービスを提供するために設立されたが、文化や学術交流にも力を入れていると述べた。

日本センターは先週の岸田首相の訪問を歓迎したが、外国政府首脳によるノースカロライナ州立大学キャンパスへの訪問は1954年以来初めてだった。

ノースカロライナ州立大学は、日本の名古屋大学とも長年にわたる関係を築いています。 昨年設立されたノースカロライナ州立大学の名古屋グローバル キャンパスは、両校の学生に二重学位プログラム、学生交換、グローバル インターンシップを提供しています。

これらの学生の多くは、ノースカロライナ州にある日系企業に就職することになります。

ノースカロライナ州商務省によると、毎日3万人以上のノースカロライナ人が日本企業に働きに行っているという。 同省によると、ノースカロライナ州では225社以上の日系企業が約500の拠点で事業を展開している。

この数字は今後もさらに増加すると予想されます。

日本とノースカロライナ州:経済パートナー

岸田氏の訪問は、日本のバイオ医薬品会社、富士フイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズが、12億ドルかけて製造工場を拡張する一環として、ホリースプリングスに約700人の新規雇用をもたらすと発表したことによって特徴づけられた。

「ウェイク郡における富士フイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズの拡大によって生み出された新たな雇用は、ノースカロライナ州と日本の経済関係の繁栄を示すもう一つの例であり、私たちは彼らの州への継続的な投資に感謝し、「高収入」を提供し続けています。ノースカロライナ中の人々に雇用と経済的機会をもたらします。」

この拡張により、富士フイルムの同州への総投資額は32億ドルとなり、1,400人以上の雇用機会が得られる。 しかし、これは日本に対する日本の経済投資のほんの一部にすぎません。

ロビンソン氏は、ノースカロライナ州に投資した日本企業のほとんどが今もここに拠点を置いており、この成功が他の日本企業の投資を促していると述べた。

商務省によると、過去10年間で日本の同州への資本投資は175億ドルに達し、9,000人以上の雇用が発表された。 知事室によれば、日本はノースカロライナ州への最大の海外直接投資源でもある。

ノースカロライナ州最大の日本企業にはホンダ・エアクラフトとトヨタがあり、岸田氏は先週クーパー知事とともに両社を訪問した。

両社は最大規模の拡張の一部としてノースカロライナ州を選択した。

ホンダ エアクラフトの世界本社はグリーンズボロにあり、同社は約 900 人の従業員を雇用しています。 昨年7月、グリーンズボロのホンダジェット工場は、米国大陸横断無着陸飛行が可能な世界初の小型ジェット機となるよう設計されたホンダジェット2600の開発・生産に選ばれた。

この拡張により、5,570 万ドルの投資を通じて 300 近くの新たな雇用機会が創出され、州内への同社の総投資額は 3 億 3,500 万ドル以上になりました。

州当局者らは州の労働力が事業拡大の重要な要素であると強調している。

ノースカロライナ州商務長官マシェル・ベイカー・サンダース氏は、「企業がコマースウェブサイトの作成を考えるとき、人材が第一に考えられる」と述べた。 「特定の業界のニーズに合わせて調整された、才能のあるよく訓練された労働力を提供できる拠点は、今日のビジネス環境で成功します。ノースカロライナ州の「First in Talent」戦略計画は、州が世界クラスの労働力を提供するのに役立ちます。世界中でビジネスを行うためのより良い場所になります。」

ロビンソン氏は、ノースカロライナ州には企業を惹きつける優秀な労働力などのビジネス条件があるが、ノースカロライナ州と日本との数十年にわたる関係により、同州は日本企業にとって選びやすい州であると述べた。

トヨタも革新的な事業拡大のためにノースカロライナ州を選んだ。 同社は2021年、グリーンズボロの南東約3​​2キロにあるリバティを初の世界電気自動車工場の建設地として選択した。 同社はランドルフ郡の敷地に139億ドル以上を投資しており、5,000人以上の雇用を創出する計画だ。

2024年4月12日金曜日、ノースカロライナ州グリーンズボロにあるホンダの航空機施設を訪問し、組立棟を視察する岸田文雄首相(中央)とロイ・クーパー・ノースカロライナ州知事(左)に組立図を見せる。 (AP写真/チャック・バートン)

日本のノースカロライナへの進出は州からの補助金によって支えられた。 富士フイルムの最近の事業拡大には1,800万ドルの奨励金が付属しており、2021年の事業拡大は約2,000万ドルの助成金によって支援された。

ホンダジェットの事業拡大は、今後 12 年間で最大 340 万ドルが同社に送られる可能性がある補助金によって支援されている。

トヨタはバッテリー工場とその後の拡張のためにノースカロライナ州を選択し、同社幹部とロイ・クーパー知事との複数回の会合を経て決定した。

2023年、クーパーは日米南東部協会の会合に出席するため二度目に東京を訪れた。 知事室によると、同氏はそこでトヨタや数千人のノースカロライナ州人を雇用する別の日本企業ブリヂストンの幹部らと面会したという。

クーパー知事は「何千マイルもの陸と海を越え、何世代にもわたって、ノースカロライナ州と日本との関係は強固かつ断固としたものとなり、その結果、国民に貴重な成功をもたらしてきた。今後も両国の成功を達成するために協力し続けることを楽しみにしている」と述べた。会議後のプレスリリースで、米国南東部と日本はこの貴重なパートナーシップを通じてこう述べた。

2024年のSEUS/日本会議がノースカロライナ州シャーロットで開催されます。


READ  富士通、タイのイノベーション・アドバイザリー・サービス・アドバイザリー・サービスSAPを買収、アジア太平洋地域におけるM&Aの成長戦略支援とSAPの能力加速を支援:富士通