Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業が東京大学に海洋デジタル工学連携プログラムを開設

日本郵船グループ会社 MTI株式会社、ジャパン マリンユナイテッド株式会社、三菱重工業(MHI)グループ会社 三菱造船株式会社、古野電気株式会社、日本無線株式会社、BEMAC株式会社、 ClassNK と NAPA Ltd. は、10 月 1 日から東京大学で共同プログラム「海洋デジタル工学 (MODE)」を設立するために協力しました。 このプログラムは、海事部門のデジタルエンジニアリング技術とスキルを開発および強化することを目的としています。 三菱重工業のリリースによると、協調シミュレーション プラットフォームを開発することによって。

日本の海事産業は、グローバルな脱炭素環境における新技術の開発と実装、船員を支援するための自動運転船の統合、海運サービスを維持するための安全性の向上、船舶の設計と製造プロセスがますます複雑化する中での高い生産性の確保などの課題に直面しています。

MODE は、自動車業界でますます導入されているモデルベース開発とモデルベース システム エンジニアリングを使用して、これらの課題に対処することを目指しています。

MBD や MBSE は、製品や部品の機能をコンピュータモデルとして調べ、シミュレーションによってその動作を検証することで問題にアプローチします。 MBD と MBSE は、複雑なシステム設計を最適化するだけでなく、荷送人やオペレーターを含む幅広い利害関係者が関与する共同開発プロセスを可能にします。

東京大学大学院新領域創成科学研究科・工学研究科と先端工学を推進する世界の研究機関との間に幅広いネットワークを構築し、海事分野におけるMBD・MBSEを活用した研究教育プログラムを構築します。 . 、および自動車、航空宇宙、航空などの他の業界の関連専門家。

このプログラムは、新しいテクノロジーの開発においてユーザーに力を与え、可能にし、力を与えることを目的としています。 また、洋上風力発電や海洋資源開発などの海洋分野への展開も期待されています。

READ  ノルウェーのSWFが日本の取締役会でより多くの自由を手に入れる| ニュース