Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業が23億ポンドの拡張を開始

日本企業が23億ポンドの拡張を開始

フィリピン、SUBIC BAY FREEPORT – 日本企業 Sanyo Denki Philippines, Inc. スービックテクノパークの23億ドル規模の拡張プロジェクト。

スービック湾首都圏庁のエドゥアルド・ホセ・アレニオ会長は、第4工場棟の建設を含むこの拡張プロジェクトでは、無停電電源装置、冷却ファン、サーボアンプ、ステッピングモーターの製造にさらに1,500人の労働者が必要になると述べた。

アリノ氏は、山洋電機フィリピン社長とともに先月同社敷地内で行われた祝福・就任式を主導した。 中山千尋氏、取締役 内堀功一氏、代表取締役社長 竹内宏一氏。

竹内氏は、スービックベイ・フリーポートが親会社である山洋電機株式会社にとって第二の本拠地であることを指摘し、自社の拡張計画におけるSBMAの支援に感謝の意を表した。 株式会社日本の東京にあります。

現在、2000 年 1 月 25 日に SEC に登録され、2000 年 3 月 9 日に SBMA に登録された Sanyo Denki Philippines Inc. は、3 つの工場棟と 2019 年に開設されたテクノロジー センターを擁しています。

同社は、電気機械、電化製品、コンピューターツール、電子製品、すべてのスペアパーツと付属品の製造と修理、スクラップ材料の販売を行っており、2023 年 12 月時点で従業員数は 4,851 人です。

SBMAの貿易円滑化・コンプライアンス部門が発表した数字によると、同社は2021年第1四半期の輸出額で第1位の子会社拠点となり、船内貨物(FOB)額は7,950万ドル(約25%)に達した。総輸出額のうち。 2021年1月から3月までスービック発。

山洋電機は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック中も継続的に稼働が許可され、強化された地域隔離条件下で新型コロナウイルス感染症患者に使用される人工呼吸器用の冷却ファンを製造した数少ない子会社ロケーターの一つだった。

READ  ライブニュースの更新:Covid-19の発生後、タイ経済は縮小に戻る