Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業の半数が中国経済に悲観的であることが調査で判明

日本企業の半数が中国経済に悲観的であることが調査で判明

(ブルームバーグ) – 新しい調査によると、中国に投資している日本企業の半数は今年の経済状況がさらに悪化すると予想しており、大多数はさらなる投資を計画していない。

中国日本商工会議所が調査した日系企業1,741社のうち、約50%が2024年には景気が悪化すると回答しており、昨年末の37%から増加した。 さらに34%が今年の中国経済の業績は昨年と同程度になると回答したが、改善すると予想している企業は15%にとどまった。

中国経済は今年最初の3カ月で5%を超えるペースで成長したが、これが企業の投資拡大を促進したわけではないようだ。 調査対象企業の約44%が今年は経費を削減すると回答したが、残りの40%は経費を据え置く計画だった。 これらの数字は、2023年末の調査のものとほとんど変わっていません。

隣国が提供する機会について日本企業が悲観的な見方を続けていることは、パンデミック後に再び外国企業を誘致しようとする中国の取り組みにとって良い前兆ではない。 先週発表された公式データによると、第4・四半期の世界から中国への投資の流れは前年比56%減少した。 日本からの金額は1.2%減少し、2014年に遡る比較可能な第1四半期の最低水準となった。

3月中旬から4月中旬にかけて実施されたこの世論調査には誤差の余地はなかった。

元世界銀行首席補佐官のバート・ホフマン氏を含む研究者らの最近の報告書によると、日本は中国にとって最も重要な投資源であり、2021年の対外直接投資総額の約6%を占めている。 中国では。

©2024 ブルームバーグ L.P

READ  日本総領事、二国間貿易促進のための相互訪問を提案