Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業の半数が中華人民共和国経済に悲観

日本企業の半数が中華人民共和国経済に悲観

パンデミック後のうつ病:
日本から中国への投資の流れは1.2%減少し、比較可能なデータでは2014年以来の第1・四半期の最低水準となった。

新しい調査によると、中国に投資している日本企業の半数は今年の経済状況がさらに悪化すると予想しており、その大多数はさらなる投資を計画していない。

中国日本商工会議所が調査した日本企業1,741社のうち、約50%が今年の景気はさらに悪化すると予想しており、昨年末の37%から増加した。

さらに34%が今年の中国経済の業績は昨年と同程度になると回答したが、改善すると予想した企業は15%にとどまった。

写真: フランス通信社

中国経済は今年最初の3カ月で5%を超えるペースで成長したが、これが企業の投資拡大を促進したわけではないようだ。 調査対象企業の約44%が今年は経費を削減すると回答したが、残りの40%は経費を据え置く計画だという。 この数字は昨年末の調査から大きく変わっていない。

日本企業側の悲観的な見方が続いていることは、新型コロナウイルス感染症のパンデミック後に外国企業を再び誘致する中国政府の取り組みにとって良い前兆ではない。

先週発表された公式データによると、世界の他地域から中国への投資の流れは第1・四半期に前年比56%減少した。

日本からの金額は1.2%減少し、2014年に遡る比較可能な第1四半期の最低水準となった。

この世論調査は3月中旬から先月中旬まで実施されたが、誤差の余地はなかった。

元世界銀行中国事務所長バート・ホフマン氏を含む学者らの報告書によると、日本は中国にとって最も重要な投資源であり、2021年の対外直接投資総額の約6%を占めている。 中国。

コメントは管理されます。 コメントは記事に関連したものにしてください。 攻撃的で冒涜的な言葉、あらゆる種類の個人攻撃、宣伝を含むフィードバックは削除され、ユーザーは禁止されます。 最終的な決定は台北タイムズの裁量に委ねられます。

READ  日本の株式市場は1989年に最高値を記録した後、新たな高値を更新 | 経済