Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業の台頭は景気後退の回避に役立つ可能性がある

日本企業の台頭は景気後退の回避に役立つ可能性がある

(3月4日):エコノミストらによると、最新の設備投資データがGDPの上方修正を控えている可能性を示唆しており、結局日本経済は2023年末の技術的景気後退を回避できた可能性があるという。

第4・四半期の企業支出の急増を受け、一部のエコノミストは国内総生産(GDP)推計をプラス成長に修正するよう促したが、これは昨年最後の3カ月間に経済が年率0.4%のペースで縮小したことを示した速報値からは一転した。 、2四半期連続の減少となった。

3月11日に発表される修正データには、月曜日に発表された資本支出の数字が含まれており、ソフトウェアを除く製品への資本支出が12月までの3カ月で前期比8%増加したことが示された。

この結果を受け、日銀が今月にもマイナス金利を終了するとの見方が強まった。 翌日物スワップの取引によると、政策理事会が次回会合を終了する3月19日にこのような事態が起きる確率は50%で、先週金曜終了時点の31%から上昇した。

SMBC日興証券のチーフマーケットエコノミスト、丸山義正氏は月曜日のメモで、「改定されたデータでは前向きな読みが得られるだろう」と述べた。 「消費支出は依然低迷しているが、労働力不足を補うための設備投資の拡大は明らかに経済見通しにプラスだ。」

ほとんどのエコノミストは、日銀が4月までに2007年以来初めての利上げを実施すると予想している。

READ  日本銀行がついにマイナス金利を廃止した後、何が起こるでしょうか?