Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業の技術により、飼い主はペットの感情と健康についての洞察を得ることができます





愛猫の行動を24時間記録するウェアラブル端末「Catlog」=ラボ提供

東京—猫、犬、その他の愛する動物の世話の質を高めるペット技術は、日本で注目を集めており、プロジェクト会社は動物の感情を読み取って健康状態を理解するための高度なデバイスを開発しています。

東京に本拠を置く健康製品大手のユニ・チャームは、4月に、東京に本拠を置くITスタートアップRaboともベンチャーキャピタルおよび業務提携を結ぶと発表した. ユニ・チャームは、国内最大のペット用品メーカーです。 高原貴久社長は「(今回の協業は)ペットグルーミング業界のデジタルトランスフォーメーションを推進する一助となり、ラボの事業拡大にも貢献したい」とコメント。

ラボは、東京海洋大学大学院で動物生態学を学んだ伊尾由紀子さん(41)が2018年に創業。 同社は 2019 年に、首輪に取り付けたデータロガーを介してスマートフォンで猫の動きをリアルタイムで追跡できるウェアラブル デバイスである Catlog を発売しました。 走る、食べる、寝るなどの7つの活動をデータ化し、猫の健康状態を表しています。





猫の追跡装置「カタログ」を開発した伊尾由紀子さん=東京都渋谷区で2022年1月26日、錦織祐一撮影

2021 年 8 月、Rabo は猫用トイレの下に、使用頻度と使用量を記録する「Catlog Board」も立ち上げました。 Rabo は、昨年 11 月にユニ・チャームの「デオトイレ」デュアルトイレに関連して Catlog Board キャンペーンを実施し、最近、ベンチャーキャピタルと業務提携に至りました。 デオトイレを共同開発したユニ・チャームの生神毅シニアマネジャー(46)は毎日新聞の取材に対し、「テクノロジーを活用して、食品や健康診断に関連する新製品を開発したいと考えています」と語った。

ラボは、1 月にラスベガスで毎年開催される世界最大の消費者向け技術見本市の 1 つであるコンシューマー エレクトロニクス ショーに初めてブースを設置しました。 そこで、同社は、地元のIT企業から連絡を受けたと述べています。 ラボの株式がユニ・チャームと投資会社5社に割り当てられる第三者株式取引の後、13億2000万円(約1000万ドル)の資金調達を確保した。

Ayo 氏は、「世界には約 6 億匹の猫が人間と暮らしています。世界中の猫ができるように、アプリを多くの言語や他の手段で利用できるようにすることで、製品をグローバルに拡大したいと考えています。健康的な生活を送ってください。」 .





犬の感情を色で表すウェアラブルデバイス「イヌパシー」=ラングアレス提供

東京を拠点とするLangualessは、2017年に「inupathy」をリリースしました。これはウェアラブルでもあり、犬の心拍数を分析して、幸せや緊張などの5つの感情を色で示します。 特殊なマイクとデジタル技術により、被毛に装着した状態でも犬の心拍数を正確に測定できます。 心電図の波形から犬の気持ちを瞬時に分析するアルゴリズムは、世界初の特許技術です。

ランガレス主任の山入畑加奈さん(37)は「ペットとは言葉が通じないので、性格の違うペットを尊重することが難しかった。気持ちを理解すること自体が楽しく、データの蓄積が医療に貢献している」と強調する。 .”





犬の気持ちを代弁するウェアラブル端末「イヌパシー」を手にするランガレス社長の山入畑可奈さん=東京都墨田区で2022年6月24日、錦織祐一撮影

2019年矢野経済研究所発表の推計による。 2017年度に2億3000万円(約170万ドル)に達した日本国内のペット技術市場は、わずか1年で7億4000万円(560万ドル)にまで成長しました。 今年6月に改正動物愛護法が施行され、ペットの飼い主は犬や猫にマイクロチップを埋め込むことが義務付けられた後、市場規模は2023年度までに50億3000万円(約3800万ドル)に成長すると予想されています。

ペット技術の動向について山入畑氏は、「アメリカではペットとしての犬や家庭菜園は大型であることが多く、情報技術の力を借りて犬のように合理的で自由な生活を送れるようにすることに重点が置かれています。日本では、多くの人が室内で小さなペットを飼う事例から、またコロナウイルスの影響で、ペットを家族として大切にする技術が優先されています。しかし、私たちはこの技術の黎明期にあり、ブルー・オーシャン」には、まだ成長する余地がたくさんあります。」

【錦織祐一】 マイニュース

READ  パラリンピック競技は、障害者のための日本の技術を強調しています