Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業の約30%が脱炭素化への投資を増やしています

二酸化炭素排出量を削減するために、日本の大企業への設備投資を30%近く拡大する計画です。これは、炭素のない社会を実現するための世界的な取り組みを反映した最近の調査です。

日本政策投資銀行の調査によると、資本金が10億円(900万ドル)以上の大企業約1,000社のうち27%が電気自動車関連技術や装飾への投資を増やすとのことです。 再生可能エネルギー。

製造業者は特に脱炭素関連の投資を増やすことに熱心で、自動車産業で46%、化学産業で43%がそうしています。

調査では、回答者の約33%が、ビジネスを拡大する機会として、炭素を含まない社会への世界的な傾向を見ていることもわかりました。

地域によっては、東京とその周辺で太陽光発電への投資計画があり、東北地方の道宝で沿岸風力発電への投資計画があり、西日本の四国地域で電気自動車のバッテリーへの投資計画があります。

企業が装飾化の取り組みで直面する課題のうち、約45%が開発コストを懸念していると述べています。

Covit-19の発生の影響は、特に非製造業の設備投資にも影響を与える可能性があります。これは、政府が支援する日本開発銀行の投資が利益の減少に伴って減少するためです。

READ  この研究は、現代日本の遺伝的降下の理解を書き換えます