Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業は、PHを「私たちの心に最も良い」投資先として持つことを強く求めました-マニラマガジン

フィリピンは、最近の日本企業との仮想経済ブリーフィングで、日本のビジネスマンが投資先として国を「最初に頭に入れておく」ことを奨励した。

(DFAへの画像クレジット)

ホセ・C・ローレル・V駐日フィリピン大使は、11月24日に開催され、在日フィリピン大使館、通商産業省が主催し、日アセアンセンターが主催する記者会見で、外国企業にテーマの下で呼びかけた。 「持続可能な開発の目標:日比パートナーシップ」。

ローレルは、現在、製造、情報技術、ユーティリティ運用、ロジスティクスなどのさまざまなセクターで事業を行っている日本のGPS企業が964社あることを明らかにしました。「これらの企業はすべて、35万人以上のフィリピン人と95億8700万ドルの輸出で雇用を創出しています。」

日本は依然としてフィリピン最大の貿易および外国投資パートナーの1つであり、国のさまざまな経済圏への直接投資は、今年の第1四半期と第2四半期に118億ペソに達し、外国直接投資全体の28.2%を占めています。経済特区。」とフィリピンの外交官は述べた。

ローレルはまた、フィリピンを日本の投資家にとって魅力的で実行可能な目的地にする要因のいくつかとして、国の「大きな国内市場、主要な世界市場への優先的アクセス、および優先経済部門の企業に競争力の高いインセンティブを与える新たに可決された法律」を強調した。

会議では、フィリピン政府の経済界の関係者も、フィリピンの現在の経済見通しと持続可能な開発プログラムについて発表しました。

ドゥテルテ大統領は、仮想フォーラムへのビデオメッセージの中で、平和と発展のための日比パートナーシップの重要性を強調しました。

「日本は、平和と開発のためのフィリピンの比類のないパートナーです。それは、貿易、投資、開発援助における私たちの重要なパートナーの1つです」とドゥテルテは言いました。

「私たちは、私たちの成果に基づいて、持続可能な開発目標とビジョン2040を達成するためにさらに努力することで、日本の継続的な支援を歓迎します」とドゥテルテは付け加えました。

今年は、フィリピンと日本の外交関係正常化65周年、両国の二国間戦略的パートナーシップの10周年を迎えます。

持続可能な開発目標、パンデミックおよびパンデミック後の回復努力とプログラムに関するパートナーシップの機会とは別に、サプライチェーンの多様化、健康管理、および経済政策の継続性の機会についても議論されました。

カルロスJ財務相ドミンゲス氏は、インフラ開発、製造、デジタル技術、再生可能エネルギー(RE)、研究開発(R&D)活動の分野で、ここからの日本とのビジネスパートナーシップを強化できると述べ、「フィリピンは新しい準備ができているだけではありません。そして、より正常です。」

一方、貿易産業大臣のラモン・ロペス氏は、同国は「国の自然と人材を背景に、フィリピンの電気自動車産業の発展に取り組んでいる」と断言した。

「私たちのエコシステムを構築する際に、日本のような戦略的パートナーからの技術と投資が上流と下流の活動の要件を満たすことを願っています」とロペスは言いました。

「フィリピンは鉱物資源の面で世界で最も豊かな国の1つです。約900万ヘクタールまたは国の総面積の30%であり、鉱物の可能性があり、広大な未開発の鉱物資源を開発し、責任を持って使用する機会があります。それらは、ニッケル、銅、コバルトなどのいわゆるグリーンミネラルであり、電気自動車のバッテリーの製造や接続線の製造のサポートなどの製造産業で使用できます。

フィリピン当局はまた、11億メートルトンの銅埋蔵量など、世界で最も高いと言われているさまざまな資源を提供してきました。 太陽および風力エネルギー資源。


毎日のニュースレターを購読する

登録するにはここをクリックしてください

READ  岸田は人権のために戦うことを誓う