Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業はロシアでの事業継続をめぐって意見が分かれている

日本企業はロシアでの事業継続をめぐって意見が分かれている

ウクライナ侵攻から 1 年を迎えた今、日本企業はロシアでの事業を継続するか、撤退するかで意見が分かれている。

昨年、トヨタ自動車など多くの日本企業がロシアから撤退した。 彼らは、長引く侵略と人道的理由によるサプライチェーンの絶え間ない混乱に駆り立てられました。

一方、多くの企業は、人々の生活に影響を与え、ロシアへの投資を維持する必要があるため、ロシア市場からの撤退をまだ決定していません。

スタッフはいますが、パーツはありません

ガラス大手のAGC。 2月8日、ロシアでのガラス製造・販売事業の売却を検討し始めた。

同社は、ロシアの侵略が続いているため、トンネルの終わりに光がないため、同社が決定を下したと述べた.

AGCの宮城真治副社長は「ロシア情勢や国際情勢を考えると、これ以上事業を継続することは不可能だ。

同社は 1997 年にロシア市場に参入し、主に建材用ガラスと自動車用ガラスを生産していました。

AGCはロシアに2つの工場を持っています。 2022 年の同国の法人売上高は 400 億円 (2 億 9700 万ドル)、営業利益は 78 億円でした。

「私たちは責任を持っています。約2,000人の地元従業員を念頭に置いて宮城は言いました。良い紹介者に責任を引き継ぎたいと思います。」

侵攻が昨年2月24日に始まった後、(米国の)アップル社、(米国の)マクドナルド、(フランスの)ルノーなどの主要な西側企業が、ロシアからの撤退を最初に発表しました。

日本企業は当初、様子見のアプローチをとっていましたが、侵略が始まってから約半年後の昨年の秋から同じアプローチを取っています。

自動車産業はまた、国からの大規模な流出を見ました。

トヨタ自動車は2022年9月、日本の自動車メーカーとして初めてロシアからの撤退を表明した。

自動車大手は、部品の購入が困難になったため、2022 年 3 月初旬にロシアの工場を閉鎖しました。

ロシアに対する国際的な批判が高まっており、ブランドのイメージが損なわれるにつれて、「評判のリスク」も高まっています.

トヨタは、生産を停止した後も、約 2,300 人の工場労働者に現地通貨のルーブルで支払いを続けました。

しかし、自動車メーカーは、影響を受けた労働者により大きな補償パッケージを提供し、彼らが新しい仕事を見つけるのを助けるためのリソースを持っている間、操業を縮小することを決定しました.

日産自動車とマツダ自動車も、部品調達や物流の改善は見込めないとし、撤退を決定した。

ソニーグループの音楽会社が撤退。 2022年9月にロシアから、会社とそのミュージシャンを地元のロシアの会社に移しました。

その後、エンターテイメント グループはロシアでの映画事業からも撤退しました。

株式会社電通グループが発表巨人は、地元の合弁会社に全株式を譲渡すると発表した。

送配電事業を営む日立エナジーは、ロシア事業を売却したと発表した。

事業を停止したにも関わらず、撤退するか、事業を継続するかで迷っている企業もある。

株式会社ファーストリテイリングは廃業しました。 ユニクロの衣料品店運営会社で、2022 年 3 月にロシアで全 50 店舗とオンライン販売を開始。

今年2月、ロシアの経済紙コメルサントは「ユニクロはロシアから完全撤退する可能性が高い」と報じた。

ただし、ファーストリテイリングの広報担当者は、「同社はまだ営業を停止している」と述べた。

国民生活、国益

日本貿易振興機構(JETRO)が実施した1月の調査では、99社が回答した。 35.4% は、ロシアでは通常どおりビジネスを行っていると述べています。

ジェトロが2022年3月に実施した調査で、肯定と回答した55.7%からは減少した。

両社は「事業は国民生活に直結する」「撤退すれば他国にシェアを奪われる」などの理由で事業継続を決めたという。

日本たばこ産業 (JT) はロシアに 4 つの工場を持ち、ロシア市場は 12 月 31 日に終了した会計年度の売上高の約 11% を占めました。

JTの寺畑正道社長は2月14日の記者会見で、「原材料の購入と決済はできている。

「当社には 4,000 人を超える従業員がおり、これが可能な限り、私たちは仕事を続けます」と彼は言いました。

住宅大手の飯田グループホールディングスも「経営方針は変わっていない」としてロシアでの事業継続を目指す。

日本の日立建機は、油圧ショベルの生産を中止しましたが、同社製品の修理とサービスを提供し続けました。

私たちの製品は人々の生活に密着しています。 会社の広報担当者は、「さようなら、さようなら」とだけ言うことはできません。

楽天グループ株式会社電子商取引市場の巨人である は、ロシアで通話とチャットのアプリケーションである Viber を導入し、「偽情報と闘うための主要な通信チャネル」にしました。

主要な営利企業は、ロシア極東でのサハリン 1 およびサハリン 2 の石油およびガス プロジェクトへの参加を維持しています。

日本政府は、中東の供給業者に大きく依存しているため、日本はエネルギー源を多様化する必要があると述べ、投資を継続することについて「前向きに考える」よう企業に求めました。

民間部門もまた、日本のエネルギー安全保障のために「利益を守る必要がある」と強調した。

大手商社の幹部は「政府が方向性を示してくれたので、決断しやすくなった。

同社は、ロシアでのビジネスへの継続的な関与について、一般の人々や株主からの批判を警戒していました。

商社などで構成される日本貿易会の小久保史也会長は2月8日の記者会見で、「サハリンへの参加継続は正しい選択だった。発生した。”

(この記事は、江口悟、増田陽子、水崎剛、太田英樹によって書かれました。)

READ  アンバー・ハードのインタビュー:女優はトゥデイ・ショーでサバンナ・ガスリーに「彼女はまだジョニー・デップを愛している」と語ったが、彼が再び訴えるのではないかと恐れている