Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業はロシアでの操業停止を継続:調査

日本企業はロシアでの操業停止を継続:調査

日本貿易振興機構(ジェトロ)は水曜日、調査対象となった日本企業のほとんどが、2年前のロシアによるウクライナ侵攻後、ロシアでの事業を部分的または完全に停止するという以前の決定を遵守していたと発表した。

先進7カ国(G7)の一員である日本は、ロシアが2022年2月に対ウクライナ戦争を開始した後、西側の対ロシア制裁に加わったが、エネルギー安全保障の一環として一部のエネルギープロジェクトの権益を維持した。

ジェトロは2月上旬、ロシアの二大都市モスクワとサンクトペテルブルクで事業を展開する企業156社を対象に調査を実施した。 調査によると、回答した63社のうち60.3%がロシアでの事業を部分的または完全に停止した。

しかし、業務が全面的または部分的に停止された人の数は、2023年5月のジェトロの前回調査より5.9ポイント減少した。

このうち60.3%が完全に操業を停止したのは25.4%で、9.2ポイント増加した。 ジェトロは、企業名は明らかにしなかったが、「通常通りの業務」を行っている企業の割合は4ポイント上昇して34.9%となったと述べた。

調査によると、通常通りビジネスを続けている人々は、ペナルティを回避するために支払い方法や通貨を多様化し、取引先や商品を見直していることが判明した。

ジェトロは調査で「ロシアで事業を継続する企業は、良好な市況、将来の日露間の取引再開への期待、ロシア市場の成長可能性への期待などを理由に残留を決めたと回答している」と述べた。 。

停止の理由には、風評リスク、制裁、ロシアに対する本社のアプローチの変更などが含まれる。 調査によると、撤退する企業は事業を移転するか、地元投資家に売却しているという。

ジェトロによると、一部の企業は依然としてロシアに1人以上の外国人従業員を抱えているが、その他の企業では従業員が国外で働いているという。

READ  安倍晋三の葬儀の激怒は、日本で最も団結した議論である