Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業は大幅な賃上げの準備を進めており、日銀による景気刺激策の出口への道が開かれている

日本企業は大幅な賃上げの準備を進めており、日銀による景気刺激策の出口への道が開かれている

東京:日本の大手企業は、3月13日に終了する労働組合との年次賃金交渉で正式に大幅な賃上げを提示する予定のようで、この動きは今後数カ月間に前例のない金融緩和を段階的に廃止するという中央銀行の主張を事実上強化することになる。

エコノミストらは、賃金交渉の結果、大企業の労働組合員の年間賃金は平均約3.9%上昇したと考えている。 これは31年ぶりの大幅な上昇となり、日銀が4月までにマイナス金利を解除するとの期待が高まる。

中銀は長年、日本をデフレと経済停滞の長期サイクルから抜け出すことを目的とした10年以上にわたる過激な金融実験を後退させるには、賃金の力強い伸びが前提条件だと主張してきた。

毎年行われる「春闘」交渉は、長らく日本企業の特徴であったが、高度成長時代には注目されていたが、1990年代初頭の資産バブル崩壊後の数十年間で、企業が三大交渉を争うようになり、その重要性は低くなった。負債、労働者、工場、設備。

30年が経ち、岸田文雄首相はOECD平均を大幅に下回る長年にわたる貧弱な賃金の伸びに終止符を打つべく、岸田文雄首相が賃金上昇を最優先課題としており、賃金交渉が再び注目を集めている。 豊かな国のグループ。

農林中金総合研究所のチーフエコノミスト、南武志氏は「今年は大手企業が約4%の賃上げを提示する可能性が高く、そうなれば日銀は4月にマイナス金利を解除することになるだろう」と述べた。

日本の深刻な労働危機も、企業は賃金を上げる必要があるというメッセージを強めたと南氏は語った。

同氏はさらに、「若い人材を惹きつける魅力的な給与を提供しなければ、企業はもはや存続できなくなる」と付け加えた。

賃金交渉は、労働力の一部である大企業の労働者に直接影響を与える一方で、他の経済全体の方向性を決めることになる。 たとえば、トヨタ自動車は長い間リーダーとみなされてきました。

伊藤忠経済研究所の主任エコノミスト、武田篤氏は、日本が現在物価上昇に直面している中、労働者を呼び込むために賃金引き上げがますます重要になっていると述べた。 これは、価格がほとんど動かなかった過去 30 年間と比較すると大きな変化でもあります。

日本最大の労働組合連合会連合会は今年、30年ぶりに5%を超える5.85%の賃上げを要求している。

自動車、エレクトロニクス、金属、重機に至るまでの産業やサービス部門の労働者を代表する労働組合もこれに追随し、記録的な賃上げを要求した。 彼らの要求の多くは完全に満たされることが期待されています。

政府高官は匿名を条件にロイターに対し、「高額な給与提示は合意が成立したものだ」と語った。 「日銀はその気になれば3月か4月にマイナス金利を終了する可能性がある。ただタイミングの問題だ」

経済インフレ

日本企業は賃金を引き上げたが、その増加はインフレにほぼ追いついていない。

インフレ調整後の実質賃金は22カ月連続で減少した。 入手可能な最新月である1月の実質賃金は前年同月比0.6%減少した。

インフレ率が約2年間、日銀の目標である2%以上に達すると、名目賃金は0.5%以上加速する必要があり、インフレを上回るには賃金交渉の結果が4.5%上昇する必要があることを意味する。 南農林中金が言う。

トヨタの従業員は月額最大2万8440円(190.85ドル)の昇給と給与の7.6カ月分の標準賞与を求めている。 販売台数世界最大の自動車メーカーは、3月13日にこれらの要請に正式に応じるとみられる。

ライバル自動車メーカーのホンダとマツダは先月、労働組合の要求を完全に満たして早期契約を締結した。

重要な問題の一つは、賃上げが来年以降も続くのか、そしてその引き上げが日本人労働者の10人中7人を雇用する中小企業にも及ぶのかということである。

中小企業はコストを顧客に転嫁する力が弱い傾向があり、賃金を上げるのが難しくなります。

独占禁止法監視機関は昨年、中小企業がより高い人件費を大口顧客に転嫁しやすくすることを目的としたガイドラインを策定した。

東京都はまた、政労使協力を地域レベルまで拡大し、三者が連携して全国の賃金向上に努めることができるようにしている。

労働問題の専門家である法政大学教授の山田久氏は、労働危機を克服するために、多くが労働集約的な業務を行っている中小企業の生産性を向上させるよう呼びかけている。

同氏は「中小企業は自動化やロボティクスなどの省力化技術に投資して生産性を高めるべきだ」と述べた。

READ  代官屋シェフの福島勝也さんが都内で過ごす極上の1日