Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業は成長への逆風を反映して支出を削減している

日本企業は成長への逆風を反映して支出を削減している

(6月3日):日本企業は第1四半期に設備投資を削減したが、この結果はおそらく来週発表される改定データが同期間も経済の縮小を示すことを示している可能性が高い。

財務省が月曜日に発表したところによると、ソフトウェアを除く物品への設備投資は、昨年末に支出が増加した後、3月までの3か月で前期比0.5%減少した。 製造業が減少を主導し、支出を前四半期から3%削減したが、サービス部門の企業は支出をわずかに押し上げた。 前年度と比較して、総費用の増加は予想よりも弱い 6.8% でした。

企業収益が引き続き堅調であるにもかかわらず、経費は減少した。 利益は前年同期比 15.1% 増加し、コンセンサス予想のほぼ 2 倍となり、第 5 四半期としては増加を記録しました。 売上高は2.3%増加した。

このデータには、日本銀行(日銀)の次の政策決定の数日前である6月10日に予定されている期間の修正GDP数値が入力される。 暫定結果によると、GDPは前四半期の横ばいであった後、年率2%のペースで縮小し、設備投資は0.8%減少した。 この結果により、経済成長が見られなかった四半期の期間は 3 四半期に延長されました。

農林中金リサーチのエコノミスト、南武志氏によると、この改訂されたデータは、この期間に経済が縮小していたことを裏付ける可能性が高いという。

「前四半期の驚くほど好調な結果を受けて、数字は減少した」と南氏は語った。 「しかし、それほど悪いことではありません。企業がデジタルやグリーントランスフォーメーションなどのさまざまな分野に投資する必要があるのは事実であり、そのためのリソースが増加しているのがわかります。」

企業投資の低迷は、持続的なインフレや世界経済の不確実性に対する企業の不安を示唆しているため、経済と中央銀行の両方にとって悪い前兆です。

「企業は投資のタイミングに慎重になっている」と南氏は言う。 「彼らは日本から他国への出荷が増加しないことを認識しており、消費が低迷しているため国内での投資が難しいと感じています。」

この慎重な姿勢は、いくつかの大手企業が昨年3月に今年度、労働者に過去30年で最大の賃上げを与えると決定したのとは対照的である。 企業と国内最大の労働組合連合との間で賃金引き上げ合意に達したことが、同月の中央銀行の歴史的な利上げの主要な要因となった。

現在、政策当局者らは、景気後退に備えるために利益を貯蓄に注ぎ込む長年の傾向を振り切る企業が増えているかどうかを見極めようとしている。 日銀の2%インフレ目標と一致、あるいはそれを超えるインフレが2年間続いたことを受け、当局は企業が賃金を引き上げる一方、コスト増を物価上昇を通じて消費者に転嫁するという好循環を始めたいと考えている。

日銀は、競合他社に市場シェアを奪われることを恐れて伝統的に価格引き上げの圧力に抵抗してきたサービス企業を中心に、この変化の進展を注視している。

楽観的な兆しもいくつかある。 日本銀行が実施した短観調査によると、日本企業は全体として4月に始まる会計年度に設備投資を増やす計画を立てているが、一部の小規模サービス会社はそうではない計画を立てている。 設備投資計画は年が進むにつれて高く修正される傾向があります。

一方、円安により食料、原材料、エネルギーの輸入価格が上昇すると予想されるため、日銀が今後数カ月以内に再度利上げする可能性があるとの観測が高まっている。

日銀は4月の四半期見通しで、企業が労働力不足、デジタル化、脱炭素化に関連した需要に対応する中、企業投資は引き続き増加する可能性が高いと述べた。

READ  レポート:企業は6か月の純利益の改善を見ている