Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業は英語開示要件を負担と考えていることが調査で判明

日本企業は英語開示要件を負担と考えていることが調査で判明

ダニエル・ルーシング著

[東京 30日 ロイター] – ロイターが実施した月例企業世論調査では、ほぼすべての日本企業が、東京証券取引所が計画している、トップ企業に主要な財務諸表を英語で公表するよう義務付けていると見ている。

東京証券取引所の資本効率化推進に伴い、ほとんどの企業が株主利益を増やす措置を講じるかどうかを依然として検討していることが木曜日の調査で明らかになり、監視の高まりによる上場企業への圧力が浮き彫りとなった。

日本取引所グループの東証は、国内外の投資家にとって上場企業の魅力を高めるため、コーポレート・ガバナンスの改善を推進している。

他の措置には、特に企業の株式が簿価を下回って取引されている場合、資本効率を改善するための長期計画を2023年3月までに公表するよう求めることなどが含まれる。

ロイターが4月に実施した調査では、回答者の91%が英語で自分の意見を表現することが負担だと回答した。

回答者の半数以上は、プライム市場の約1,600社に二か国語での開示が義務付けられる2025年4月までに日英両言語で公表するシステムを開発する予定だと回答した。

回答者の4分の1は、そのような需要に現時点で応えるのは難しいと回答し、5分の1はすでにシステムを導入していると回答した。

調査回答者の53%は資本効率化への対応策をまだ検討中と回答し、23%が完全に回答、22%が上場していないと回答した。 無回答率は3%だった。

調査では、こうした措置に関して、半数以上の企業が今後6カ月以内に投資家との関係を改善するか、成長への投資を行うと回答したことが示された。

さらに 48% が株主利益の増加を望んでおり、回答者の 4 分の 1 が事業ポートフォリオを再構築すると回答しています。

最近の調査によると、87%の企業が、4月1日に発効したトラック運転手の新たな年間時間外労働制限による影響を予想または予測していることが明らかになった。

労働条件を改善し、仕事をより魅力的なものにするために、政府はトラック運転手の年間残業時間を960時間に制限した。

回答者の3分の2近くが運送会社と協力してこの問題に対応しており、57%が配送ルートやスケジュールを見直し、47%が値上げでコストを克服する予定だ。

この調査は日経リサーチがロイター向けに4月3─12日に実施し、企業はより自由に発言できるよう匿名を条件に回答した。

合計 400 社が調査され、回答数は質問に応じて 164 ~ 228 社でした。

(ダニエル・ラシンク記者、竹中清志さん追加取材、クリストファー・クッシング編集)

READ  アロンソ、F1日本GPでの無線暴言を釈明「私をライオンに追い込む」