Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業は財政支援、円と商品の支援を望んでいる:ロイターはロイターによる世論調査

2/2
©ロイター。 FILE PHOTO:2008年12月22日、東京南部の横浜港の貨物エリアのバースにコンテナが見られます。REUTERS/加藤一佐/ FILE PHOTO

2/2

梶本哲史脚本の作品

東京(ロイター)-日本企業の大多数は、少なくとも今年も財政支援が流れ続けることを望んでいる、とロイターの調査は示した。3分の2は商品価格の上昇と円安の苦しみを和らげる手助けをしたい。

ロイターの企業調査の結果によると、世界第3位の経済大国の企業は、危機が発生した場合に欧米の主要経済国が景気刺激策から撤退したとしても、さらなる支援の必要性を感じています。

調査はまた、円安と商品コストの上昇が、成長の鈍化と地元人口の高齢化にすでに苦しんでいる日本企業にどのように圧力をかけているのかを明らかにしています。

陶磁器メーカーの取締役は匿名を条件に、「円安が強すぎると輸入コストが上昇し、原材料価格がさらに上昇する」と述べた。

急激な価格上昇が過去2年間に導入された刺激策の影響を相殺する可能性があるため、石油価格の上昇に対処し、円安を防ぐための措置を求める声もありました。

調査によると、日本企業の80%近くが拡大財政政策を継続すべきだと述べています。 月次調査は12月22日から1月まで実施されました。 7、502の大中規模の非金融会社がリコールされました。

合計61%が刺激を今年まで継続する必要があると述べ、別の18%が2023年以降までそれを実施したいと述べました。 約17%がすぐに終了する必要があると答えました。

日本はCOVID-19の感染と死亡に関して他のほとんどの先進国よりもはるかに優れており、衰弱させる封鎖を回避しているが、政府は日曜日に3つの地域でより厳しい措置を再導入し、その広がりにより9月以来初めてそのような措置を講じた。ウイルスのオミクロンバリアント。

「財政規律は重要であるが、人々の生活の経済回復と安定を優先しなければならない」と卸売業者のマネージャーは調査で書いた。

別のセラミックメーカーの別の取締役は、非製造業者の事業が回復するまで財政政策は拡大し続けるべきであり、回復の明確な方向性を示していると述べた。

多くの企業が岸田文雄首相の短期的な景気回復を優先するという立場を支持した。

その結果、大多数の企業は、政府が岸田の目標である2025年度までに一次財政黒字を達成することは「不可能」であると考えていた。

ほとんどの民間部門のエコノミストは、先進国の経済の2倍以上の規模で、先進国で最大の債務負担に負担をかけている刺激策の莫大な費用を考えると、この目標を困難な課題と見なしています。

日本の金融情勢の悪化は、最終的には通貨安とハイパーインフレへの懸念を引き起こす可能性があります。

しかし今のところ、インフレ期待は調査で均等に分割されています。企業の3分の1は、現在の商品主導のインフレが第1四半期または第2四半期まで続くと見ていますが、別の3分の1は下半期まで続くと予想しています。

残りは、価格が来年かそこらで上昇し続けるのを見ました。

(ドル= 115.3000円)

免責事項: フュージョンメディア このウェブサイトのデータは必ずしも最新または正確であるとは限りません。 すべてのCFD(株式、指数、先物)および外国為替価格は取引所ではなくマーケットメーカーによって提供されるため、価格は正確ではなく、実際の市場価格と異なる場合があります。つまり、価格は指標であり、取引目的には適切ではありません。 。 したがって、Fusion Mediaは、このデータを使用した結果として発生する可能性のあるビジネス上の損失について責任を負いません。

フュージョンメディア または、Fusion Mediaに関係する人は、このWebサイトに含まれるステートメント、見積もり、チャート、売買シグナルなどの情報に依存した結果として生じた損失または損害について一切の責任を負いません。 金融市場の取引に伴うリスクとコストを十分に認識してください。これは最もリスクの高い投資形態の1つです。

READ  太平洋:インドと日本はインド太平洋の開通を支援することを決意した