Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業は過去30年以上で最大の賃上げを実施

日本企業は過去30年以上で最大の賃上げを実施

日本最大の労働組合は水曜日、労働力不足と家計を圧迫するインフレ上昇を背景に、日本企業は過去30年以上で最大の賃上げを提示したと発表した。

約700万人の組合員を擁する労働組合連合会リンゴが3月以降に実施した企業調査によると、労働者の月給は今年度中に平均5.10%上昇すると予想されている。

政策立案者が家計の所得と支出の増加により、物価上昇による消費負担を相殺し、より強力で持続可能な景気回復を図ろうとしている現在、「春闘」(春闘)の結果は日本にとって極めて重要である。生活。

しかし、大企業と苦境に立たされている中小企業との間には依然として溝が残っています。

リンゴ氏によると、労働組合の支援を受けている従業員300人以上の大企業は5.19%賃金を引き上げたが、中小企業の賃金引き上げ幅は4.45%にとどまった。

脆弱な経済におけるより持続可能な成長は、政策立案者がデフレに決定的な終止符を打ち、日銀が金融政策正常化に向けた取り組みの一環としてさらなる利上げに近づくのに役立つ可能性がある。

伊藤忠経済研究所の宮崎宏主任研究員は「調査では全体的に賃金が上昇していることが確認されており、インフレが安定していることから、賃金上昇は今年半ばまでにインフレ調整後の実質賃金をプラスの領域に押し上げる可能性が高い」と述べた。 」

「これは中銀が9月に利上げするとのわれわれの見方と一致している。」

3月中旬、大手企業は賃金上昇率が1990年代のバブル崩壊以来最大となる5.28%に加速したと発表した。 その後、日本銀行はマイナス金利とイールドカーブ・コントロールを終了するという歴史的な決定を下しました。

大企業の今年の賃上げが現実味を帯びており、投入コストの上昇を相殺するために顧客向けの価格を引き上げることが難しい中小企業にも賃上げが波及するかどうかに注目が集まっている。

日本の労働者の約7割は中小企業で働いています。

「中小企業は(サプライチェーンの下位に位置する)顧客にコストを転嫁することが困難でした。価格競争力を強化し、賃金上昇を達成するために、私たちはさらに努力する必要があります」とリンゴ労働組合の幹部、新平章氏は言う。と記者団に、来年は中小企業も5%になると語った。

「私たちはまた、より多くの世帯が生計を改善できるよう、政府が価格と通貨の安定に向けた取り組みを強化することを期待しています」と同氏は、円価値の急激な下落により輸入品のコストが上昇していることについて言及した。そして家族にさらなる苦痛を与えた。

賃金格差に対処する取り組みの一環として、岸田文雄首相の政権は、最低時給を2030年代半ばまでに平均約1000円から1500円(9.27ドル)に引き上げると約束した。

READ  日銀が超低金利の終焉を示唆