Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業チップ・スプリーは経済を最高レベルに押し上げることを目指す

日本企業チップ・スプリーは経済を最高レベルに押し上げることを目指す

(ブルームバーグ)- 日本の岸田文雄首相が国内半導体産業を復活させるための4兆円(270億ドル)の野心的な支出は、政府と中央銀行が求めるプラスの成長サイクルに経済を方向転換するのを助けることも目的としている。

ブルームバーグで最も読まれた記事

新しい半導体プロジェクトが地域経済に影響を与え始め、より良い仕事や教育を求めて東京へ向かう人々の流れを食い止めていることを示す事例証拠が、北の北海道や南の熊本からすでに出てきている。

北海道千歳市で不動産仲介業を営む及川雄人さんは、岸田氏の支援による2兆円規模の半導体ファウンドリー建設のおかげで千歳市が僻地から国内で最も熱い不動産市場の一つに変貌するなか、その呼びかけに応えきれないでいる。チッププラン。 32歳の及川さんは「私たちは完全に不注意だ。本当にびっくりした」と語った。

このファウンドリは、チップ技術を大きく飛躍させ、日本を半導体専門知識の最前線に再配置するという政府支援のラピダス社の計画の一環である。

続きを読む: 日本は再び世界的なチップ大国になるために670億ドルを賭ける

岸田氏は、チップは成長鈍化によるデフレの倦怠感から日本を完全に抜け出すための「原動力」だと説明する。 日銀が3月か4月に大方の予想通りマイナス金利を放棄し、その後賃金を引き上げるには賃金引き上げが極めて重要とみられている。

岸田氏は12月のチップ見本市でのビデオメッセージで「チップ業界が地域経済の賃金上昇に率先して取り組むことを期待している」と述べた。 「日本政府は我が国におけるチップ量産への投資を引き続き全面的に支援してまいります。」

最新のチップ戦略が、10年以上前、円相場が現在の約2倍だった時代に生産を海外に移した多くの企業が残した経済的空白を埋めるのに役立つと期待されている。 産業の空洞化により地域社会の消費能力と雇用の機会が枯渇し、多くの若者が国外へ流出している。 ただし、成功が保証されているわけではありません。 2012年の政府支援によるDRAMメモリチップメーカー、エルピーダメモリの破産は、最初の公的介入でさえ失敗に終わる可能性があることを示している。

第一生命経済研究所のエグゼクティブエコノミスト、熊野英夫氏は、チップ業界の世界的な競争力を考えると、最新の戦略は保証された成功にはほど遠いことを意味していると警告する。 「これらの補助金は巨額だ。しかし財政刺激策としては、おそらく長期的には効果を発揮しないだろう。

都市への人々の移住の波により、東京、名古屋、大阪、福岡を取り囲む 4 つの大都市圏が形成され、日本の人口の約 54%、国内生産高の 60% を占めています。 2000 年から 2020 年の間に、日本の人口は減少する一方で、東京に住む人の数は 16% 増加しました。

この期間に北海道と熊本県の総人口は7.7%減少し、両地域の経済規模は合わせて2.9%縮小した。 円安は日本への観光客の波を呼び込み、観光スポットのある地域に資金をもたらすのに役立っているが、人里離れた地域ではまだやるべきことがある。 政府のチップ戦略の主な目標は、2030年までに国内チップ売上高を3倍の約15兆円に増やし、台湾や韓国の競合他社に奪われた地位を取り戻すことだ。 日本各地のプロジェクトに資金を提供するための政府の支出はすでに、世界最大のチップメーカーである台湾積体電路製造会社などの外国企業を惹きつけている。

台湾の大手企業は熊本に2つの工場プロジェクトを持っており、将来的には別の工場プロジェクトも計画されているという。 岸田氏は、TSMCが初任給を日本の全国平均より20%も引き上げたことによる地域社会への影響を強調した。 九州フィナンシャルグループによると、この工場は総額7兆円の経済効果と1万人以上の雇用を創出し、TSMCの第2鋳造工場によってさらに大きな後押しが期待されるという。

外国企業への支援は、日本も海外の同盟国の専門知識に依存する必要があるとの認識で、経済産業省が今回方針を転換していることの表れだ。 エルピーダを買収したマイクロン・テクノロジー社は、広島でチップを製造し、雇用を創出するために最新の補助金を利用している外部企業の一つだ。 北部では、2027 年に稼働予定の Rapidus Foundry への期待が高まっています。このプロジェクトは、収益化に向けたロードマップをまだ発表していません。 ラピダスは、千歳市を挟んで北海岸の石狩市から南海岸の苫小牧市まで広がるサプライヤーとエコシステムを構築することを構想している。

ラピダスの清水篤最高経営責任者(CEO)は、12月下旬に千歳近郊の乾庭市で開かれたイベントで約200人にこのアイデアを共有した。 「私たちは北海道バレーをシリコンバレーのようにしたいと思っています」と清水さんは観衆に語った。 続きを読む: 日本支援の新興企業がサプライヤーを誘致し、北海道にチップハブを設立 地元の研究者らは、ラピダスの経済効果は、さらに70社が移転し、3,600人の労働者が加わり、2036年度までの期間で18兆8000億円に達する可能性があると試算している。

この予測は、ラピドス建設現場の近くにある千歳科学技術大学の学生、奥野莉奈さん(21)の将来を明るくする可能性がある。 彼女は女性がエンジニアリングに進むことを妨げる文化的規範に反対し、地元の半導体メーカーで働きたいと考えています。 「産業界では女性が非常に少ないので、他の女子学生にも道を示したい」と期待を込めた。 これを動かずに行うこと。 「私は故郷が大好きです。」

しかし、労働者、特にチップ分野のエンジニアの不足に加え、現地のインフラの老朽化や専門サービスの制限により、これらの計画は簡単に頓挫する可能性がある。

千歳市の横田良一市長(68)は、インフラと住宅のニーズを満たすために努力している。 横田氏は「これは私たちにとって一生に一度のチャンスだ」と語った。 「これを次の世代への転換点にしたい」。

-横山エリカさんにご協力いただきました。

ブルームバーグ ビジネスウィークで最も読まれた記事

©2024 ブルームバーグ L.P

READ  日銀の調査では、インフレ率が低下する中、製造業は景気について楽観的であることが示されている