Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本入試ライター、政府の患者はチェックポイントへのタクシーを得ることができます:政府



文部科学省の本部は、東京都千田区で撮影された2020年11月11日のファイル写真の左側にあります。 (ミニチ/大久保彰)

東京-日本が本格的な入学試験シーズンに入ると、文部省は、Kovit-19患者と密接に接触した候補者として、特定の条件下でタクシーが試験センターにタクシーを利用することを許可することを決定しました。

この決定は1月7日に全国の教育委員会と大学に発表されました。 2021年12月省は28日、ウイルスに感染した人々と密接に接触している人々は、そのオミグロン変異体を含めて、高いままでいることを許可されるべきであると決定した。 他の試験とは異なる部屋での学校または大学の入学試験。 ただし、症状はなく、PCR検査が陰性の場合にのみ検査できます。

同省は以前、候補者が公共交通機関でタクシーを含む公共の場所に旅行することを禁止していた。 しかし、自家用車や検問所に行く方法が他になかったため、一部の受験者はタクシー、自家用車、水上タクシーで移動することを許可することにした。 ただし、他の条件で予約する場合は、感染管理対策を講じ、コロナウイルス患者と密接に接触したことを車両の運転者に明確にする必要があります。

同省はまた、自分のタクシー会社を見つけることができない人々のための諮問カウンターを設置した。 受験者が助けを求めた場合、スタッフは彼らを地元の地区交通局に送り、彼らをチェックポイントに連れて行くことができる会社を見つけます。

(日本のオリジナル大久保彰、東京シティプレス)

READ  彼が日本で働きたいというウガンダオリンピックの希望に満ちた左のメモが欠けている