Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本円の急激な下落は、日本経済にとってプラスとは見なされていません。

日本円の急激な下落は、日本経済にとってプラスとは見なされていません。

月曜日の調査によると、輸出志向型の経済構造では通常は通貨安であるにもかかわらず、日本円の急激な下落が国内経済にとってプラスであると見ている主要な日本企業はありません。

共同通信が実施した125社の調査では、トヨタ自動車やソフトバンクグループなど109社が参加した。 、31%が最近の円安はマイナスであり、36%はプラスでもマイナスでもないと述べた。

日本の通貨は、3月初旬から米ドルに対して20年ぶりの安値まで約15円(12%)下落しました。 円安は、円に戻すと海外での利益を押し上げ、日本製品を海外でより競争力のある価格にします。

黒田東彦日本銀行総裁は、円安のプラスの影響は世界第3位の経済のマイナスの影響を上回っているとの見方を維持しています。 中央銀行は、2%のインフレ目標を達成するための簡単な金融政策を継続しており、これは円安をさらに促進する可能性があります。

しかし、円安は、エネルギーやその他の商品の輸入コストの上昇を通じて、資源の乏しい日本の企業や家計に圧力をかける可能性があるという懸念を増すだけです。

調査によると、現在の円安が日本国外での事業に利益をもたらすプラスの影響を与えると回答したのは37%で、原材料とエネルギーのコストが上昇するとマイナスの影響を与えると回答した26%を上回った。 約28%が、プラスまたはマイナスの影響は見られなかったと述べています。

円とドルの望ましい為替レンジについての質問では、質問への回答者の約半数が、現在の130前後のレベルと比較して、110から115の間のゾーンを選択しました。

調査は4月18日から木曜日まで円が130円近くで取引されていた時期に実施されました。また、回答者の中にはANAホールディングスが含まれていました。 と東日本旅客鉄道。 サントリーホールディングス株式会社


関連するカバレッジ:

焦点:簡単な政策への日銀のコミットメントは、円を容赦ないスライドに保ちます

日本銀行の会合後、円は対ドルで130地域で20年ぶりの安値まで下落


READ  日本、消費低迷を理由に2月の経済見通しを下方修正