Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本円は世界市場の過程で下落し、習慣を打ち破った

米国のインフレ率の上昇は、日本円を弱体化させました。日本円は、通常、悪い経済ニュースで強くなる通貨です。

ドルが大幅に上昇したため、日本銀行がわずかなインフレを経験しているにもかかわらず、低金利政策を継続することを約束したため、円は部分的に打撃を受けました。 より厳しい借入条件の要求は拒否されました。

連邦準備制度は、スペクトルの反対側に位置しています。それは、40年以上にわたって米国で最も高いインフレとなったものを抑制するために、半パーセントポイントの増分で金利を引き上げました。 連邦準備制度理事会は今週、追加の引き上げを検討するために会合を開いており、連邦準備制度が行うあらゆる動きは、経済をさらに掘り下げるでしょう。

世界で3番目に取引されている通貨であり、主要経済の支出メカニズムである円は、金融市場の重要な部分です。 円安が広大な米国財務省市場に打撃を与えるかもしれないという懸念さえ表明した。

安い円は通常、自動車などの輸出に牽引されている日本経済に恩恵をもたらします。 しかし、日本の輸出業者は、商品価格の上昇と供給不足と同時に起こっているため、最近の円安に懸念を示し始めています。

日本自動車工業会副会長の長塚誠一氏は記者会見で、「通常、円安は自動車の輸出による利益をもたらし、一般的に利益を増やす」と述べた。 「資源や部品の高騰により、円安のマイナス面が拡大している」と語った。

ユニクロのファーストリテイリングCEO柳井正 会社

円安は国の経済にとって良くない、と彼は言った。

同氏は4月、「円安には全くメリットがない」と述べた。 「日本企業は世界中の原材料を使って製品を作っているので、それらに付加価値を付けて販売しています。私たちの通貨が過小評価されていることは間違いありません。」

円は世界で3番目に取引されている通貨です。


写真:

ブルームバーグ

通常、市場が下落しているとき、円はドルと同様に投資家にとって天国の資産です。 アナリストは、最近の市場の暴落の間、投資家は円への避難を求めていなかったと言います。これは、一部には日米間の金融政策の相違と、ここ数ヶ月の日本の貿易赤字のためです。 アナリストはまた、ウクライナでの戦争によって引き起こされたエネルギーショックは、日本の輸入業者が石油とガスを購入するためにより多くのドルを必要とすることを意味すると言いました。

一方、ヘッジファンドや円売りの投資家は、特に借入コストの上昇やインフレの影響を受けて米国経済が減速した場合、ドル高が終焉を迎える可能性があることを警戒している。

米国の景気後退、または最終的な不況に賭けているいくつかのヘッジファンドは、円が上昇した場合に支払うオプションを購入しています。 ゴールドマンサックスのアナリストは、ドルが日本円に対して30%過大評価されていると推定しています。 あるメモでは、ウォール街の銀行は、6か月でドルが日本円に対して115を下回った場合に支払うオプションを購入するようにクライアントにアドバイスしました。 現在、1ドルの価格は約134円です。

ゴールドマン・サックスのグローバル外国為替、金利、新興市場戦略の共同責任者であるザック・バンドルは、「貿易加重円は、レーガン政権以来最も弱い」と述べた。 「日本円に対するドルの水準は持続不可能です。」

インフレは、両国の中央銀行の分岐の最大の理由です。 4月の日本の消費者物価指数は、前年比2.5%上昇しました。 生鮮食品とエネルギー価格を除いた指数は0.8%しか上昇しませんでした。 一方、米国の消費者インフレ率は、エネルギーと食料の価格が高騰したため、5月に年率8.6%に達しました。

日本の財務省、日本銀行、金融庁は金曜日、日本円の急激な下落について懸念を表明した。

両国政府は、「政府と日本銀行は、外国為替市場の動向と、それが経済と価格に与える影響を緊密に調整し、監視し、緊急性を高めます」と述べ、必要に応じて行動を起こすと述べた。

しかし、投資家は、大蔵省の要請で外国為替市場に干渉した歴史を持つ日本銀行が介入することを期待していません。 もしそうなら、それは政策の引き締めではなく通貨の購入によるものになるでしょう。米国が参加しない限り、この動きが大きな影響を与える可能性は低いでしょう。

考えを共有する

円安は世界市場にどのような影響を与えるのでしょうか。 以下の会話に参加してください。

ドイツ銀行のストラテジストであるアラン・ラスキンは、次のように述べています。 「日本は過去10年間で徐々に邪魔にならないようになりました。」

日本銀行が最後に通貨市場に参入したのは2011年10月でした。最後にドルを売り、円を買ったのは1998年6月でした。

スタンダードチャータード銀行のグローバルFXリサーチおよび北米マクロ戦略の責任者であるスティーブ・イングランド人は、最近の円安はドルの大幅な動きに起因するため、以前のエピソードとは異なり、通貨が上昇すると予想していると述べた。

「これらの動きのほとんどは、円が過大評価されている時点から発生していますが、ここではそうではありません」とイングランド人氏は述べています。 「私たちが見ている種類の上昇はそれほど長くは続かない。」

日本銀行は2011年10月に通貨市場に最後に介入しました。


写真:

ブルームバーグ

に書く [email protected]のJuliaAmbraVerlaineと[email protected]の藤川めぐみ

Copyright©2022DowJones&Company、Inc. すべての権利は保存されます。 87990cbe856818d5eddac44c7b1cdeb8

READ  イエローブリックデータは、エヌアイデイとの提携により日本市場に進出