Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本円は現在、通貨高の鍵となり、後には日本銀行の中枢となる

日本円は現在、通貨高の鍵となり、後には日本銀行の中枢となる

東京 – 日本の政策立案者や企業リーダーらは、昨年の介入につながった円暴落についてよりも、最近の円安について楽観的であるようだが、これは円安を一時的なものと見ている表れだ。

通貨は対ドルで約8カ月ぶりの安値、対ユーロでは15年ぶりの安値水準にあるが、2022年のパニックは当局者、消費者、企業幹部らの心にまだ浸透していないようだ。 昨年、日本は対ドルで30年ぶりの安値からの脱却を図るため、円の直接購入に650億米ドル(877億シンガポールドル)を支出した。

重要な要因の1つは、世界的な利上げサイクルが最初よりも終わりに近づいているという中央銀行の認識だ。 FRBのような政策がいつ停止するかは依然として不透明だが、この見方は日本が円自由下落の深淵を覗いているのではないかという懸念を和らげるのに役立った。

そして、緩やかな通貨安が長期にわたって続くことで、日本銀行(BOJ)が成長を促進し、インフレ目標を達成し、最終的に過去10年間の超金融緩和の支点に乗り出すことができれば、長期的な円高の土壌が整う可能性がある。簡易。 金融政策。

円安による輸出業者への最終的な支援と景気に対する新たな楽観的な見方により、株式市場はすでに33年ぶりの高値まで上昇している。

伊藤忠総研の首席エコノミスト、武田篤氏は「ここから円への圧力はそれほど高まることはない。FRBはおそらく1回、多くても2回の利上げで最終金利に近づいている」と述べた。昨年と同様の減少傾向。過去のことです。」

円の壁紙

物価の高騰を目的とした日本の超低金利と、物価の沈静化を目的とした米国の積極的な利上げとの明らかな対照が、FRBが昨年初めに引き締めキャンペーンを開始して以来、円安の主な背景となっている。 アジアの国の貿易赤字の拡大と一次産品価格の上昇が、この火に油を注いだ。

この傾向に時折ブレーキをかけるのは、景気後退への懸念、銀行セクターの混乱、そしてたとえワシントンの同盟国を怒らせることになっても東京が自国の通貨を守るために行動するという認識だった。

日本は長い間、特定の目標ではなく減少ペースに焦点を当ててきた。 9月には1ドル=146円、10月には1ドル=152円に近づいた際に当局者が市場に入ったが、そのたびに24時間以内にドルは2円以上動いた。 今年のボラティリティははるかに低い水準にある。

三菱UFJ国際投信のファンドマネジャー、石金潔氏は「円安とはいえ、問題は動きのスピードとインフレのペースだ」と述べた。 「現時点で当局が行動を起こす可能性は低い。」

しかし、1ドル=144円という円相場は現在、1年前に比べればそれほど恐ろしくないように見えるが、2050年代に向けてさらに円安が進むと、日本は新たな安全地帯から抜け出し、新たな措置への道を歩む可能性が依然として高い。

また、こうした水準は、生活費の上昇に対する有権者の不満を煽る可能性が高いため、岸田文雄首相が今年後半の解散総選挙を検討するには悪い状況となるだろう。

6月中旬に日本を通貨監視リストから外すという米財務省の決定は、もしそれが急激な動きを正当化するのであれば、日本による円購入の拡大に暗黙のゴーサインを示しているようだ。

第一生命経済研究所のエグゼクティブエコノミスト、熊野英生氏は「円相場が150円を突破しそうな場合にのみ介入するだろう」と述べた。 「昨年も実施したとはいえ、為替介入は依然として最後の手段の選択肢だ。」

READ  このプログラムは、ベトナムの中小企業の生産能力と事業能力を強化することを目的としています。 仕事