Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本円は120円台を目標にすべきだとビジネス責任者が語る

日本円は120円台を目標にすべきだとビジネス責任者が語る

(ブルームバーグ) – 苦境に立たされている中小企業にとって円は安すぎるため、日本政府と中央銀行は為替レートを1ドル=120─130円にすることを目指すべきだと、全国経済団体の責任者は述べた。

日本通商産業局長の小林健氏は木曜日のインタビューで、「中小企業はすでに1ドル150円で行き詰まり、非常に厳しい状況にある」と述べた。

小林氏は、120円台が企業にとって最も適切な為替水準であり、運用の柔軟性が高まると述べた。

同氏は「当局が円相場をその範囲内に抑える政策を打ち出してくれるのは素晴らしいことだ」と述べた。

小林氏のコメントは、日銀が2007年以来初めて3月に利上げしたにも関わらず、先週ドルが34年ぶりに1ドル=160ドルを超え、1ドル=155.50ドルとなった後に発表された。

先週の通貨の急騰と中央銀行口座の約9兆4000億円(605億ドル)の動きは、日本が円を下支えするために2度介入し、円レートを一時的に152円以下に押し上げた可能性を示している。

小林氏は「円が160円になったときに政府が性急に介入したように見えた」と述べ、もっと早い段階で措置が講じられた可能性を示唆した。 小林氏は木曜日の会見前の記者会見で、日本は必要に応じて通貨操作をためらうべきではないと語った。

為替レートに影響を与える多くの要因の中で、最近の円安の主な理由は日米金利差です。 この下落は、市場関係者が米連邦準備理事会(FRB)が利下げを開始する時期を予想しているため、スケジュールを先送りしたことを受けて起きた。

小林氏は、日銀の利上げは金利差の縮小に役立つものの、企業の財務状況や経済への潜在的な影響を考慮すると、日本の中央銀行がすぐに急激な行動に出る可能性は低いと述べた。 同銀行は今夏に次のステップを検討する可能性が高い。

小林氏は、所得税減税、ボーナス支給、夏の訪日旅行者の急増などが中銀の行動を後押しする可能性のある要因の一つだと述べた。

賃金動向も日銀の二度目の利上げを促す可能性がある重要な要因だ。

小林氏は「実質賃金や実質所得がプラスに転じるなど心強いニュースがあれば、政策は正しい方向に進む可能性がある」と述べた。

中小企業の賃金引き上げの重要性を強調した。 中小企業は値上げを通じて人件費を顧客に転嫁するのに苦労しており、賃金上昇の余地が多少制限されていると小林氏は述べた。

岸田文雄首相の政府は、価格交渉に関する新たな独占禁止法ガイドラインを含む、企業がサプライチェーンに高いコストを転嫁することを奨励するためのいくつかの政策を導入した。 これらの措置は、中小企業が給与を上げるのに十分な利益率を獲得できるようにすることを目的としています。

小林氏はこれまでの政府の努力を認め、その勢いをさらに高める必要があると述べた。

小林氏は「生産性の向上と企業間の公正な交渉を通じて5%の賃金上昇を目指すべきだ」と述べた。

©2024 ブルームバーグ LP

READ  日本の価格タグは、4月1日からの消費税を含む最終価格を示す必要があります