Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本円:経済指標と政策転換のバランスをとる

日本円:経済指標と政策転換のバランスをとる

経済指標と政策変更のバランスを考慮すると、日本円は依然として外国為替市場で最も重要な通貨の 1 つです。 金融政策と規制変更の進化の組み合わせの影響を受けます。

3月の最新のPMI速報値は、日本の対照的な経済シナリオを明らかにしている。 製造業は引き続き縮小しており、課題が残っていることを示しています。 対照的に、サービス部門は力強い成長を示しており、経済の特定の部分での回復力を示しています。

為替動向に対する政府の慎重な姿勢

鈴木財務相が為替介入を曖昧にしたのは、政策の柔軟性を維持しつつ、円安に伴う企業投機のリスクを軽減する狙いがある。

日銀の上田総裁は、様々なインフレ圧力の中で経済を強化することを目的として、緩和的な金融スタンスを継続することを強調した。 この政策アプローチは微妙なバランスをとっており、インフレ期待を慎重に緩和しながら経済成長を刺激することを目指しています。

長期的な刺激策のマイナスの副作用を認識し、日本銀行は金融政策措置を慎重に調整することを示唆した。 最近のマイナス金利の終了は、国内および国際的な経済発展への対応を反映し、重要な政治的軸を構成しています。

「ミスター・円」が考える日銀の介入可能水準

1990年代後半に日本の通貨に多大な影響を与えたことから「ミスター円」として知られる榊原英資氏は、日本銀行(日銀)が為替市場への介入を検討する可能性のある水準についての洞察を共有した。それはすべきです 米ドル対日本円 通貨が1ドル=155─160円まで上昇した場合、財務省など日本の当局が通貨安定化に介入する可能性がある。

榊原氏は、円高が進み、2024年末か2025年初めまでにドル/円が130円まで下落し、円安状態から反転すると予想している。 これらの予測は、デフレ時代から次のインフレ時代への移行を踏まえたものであり、日本経済と通貨の転換点を示しています。

ライブ通貨レート – TipRanks.com

READ  日本企業がスコットランドに工場を設立