Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本初のハリケーン研究所が横浜ナタール大学に開設されました。

今月初めに東京近郊の横浜国立大学に開設されたハリケーンの研究を専門とする研究所は、嵐の被害を受け続けている日本の国です。

ハリケーン科学技術研究センター、10月。 ハリケーン被害の予測と対策の枠組みを設計するために、民間と政府の部門と学者を結集することを目的として、1年に設立されました。

センターは、嵐を再生可能エネルギー源に変え、2050年までにカーボンニュートラルを達成するという日本の目標に貢献できる研究を促進することを目的としています。

写真は、横浜国立大学嵐科学技術研究センター所長の二安博典氏が、2021年10月1日の開所式で講演したものです。 (京都)

センター長の二安博典氏は、「研究者として、ハリケーンによる甚大な被害に失敗を感じた」と語った。

神奈川県気象学教授の不田康氏は、「多くの研究者と協力して総合的な研究を行い、地域社会への影響を活用したい。先の光が見える」と語った。

センターの一部のメンバーは、嵐の力を弱めるためのシステムの開発に取り組んでいる「台風ショット」プログラムに参加しています。 このプロジェクトでは、無人潜水艦に設置されたタービンを使用して、嵐のエネルギーを使用する方法を探ります。

東京大学、京大学、ノキア大学、京都大学、リオデジャネイロ大学、気象研究所、リカン州立支援研究機関の研究者がセンターに加わりました。

同センターによると、民間からは川崎重工業とデロイトトウシュコンサルティングLLCが参加しているという。


関連する報道:

ハリケーンミンダルは日本の太平洋岸に大雨をもたらします



READ  日本で仕事をする政府