Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本初の二元燃料LNGバンカー船が最初のバンカーを閉鎖(ギャラリー)

日本初の二元燃料LNGバンカー船が最初のバンカーを閉鎖(ギャラリー)

2024年4月10日、日本初の二元燃料エンジンを搭載したLNGバンカー「KEYSアゼリア」が初のLNGバンカリングを完了しました。

LNGバンカリングは、九州電力、日本郵船、伊藤忠アネックス、西部ガスが設置したKEYSバンカリング西日本が所有・運営しています。

全長82.4メートルの「KEYS Azalea」は2022年3月に造船を発注し、2023年7月に進水した。 KEYS Azalea は、LNG と重油の両方で稼働できるデュアルフューエルエンジンを搭載しています。

説明のとおり、この船は広島港で純粋な乗用車・トラック専用船デイジー・リーダー向けに LNG を積み込んでいた。 デイジーリーダーに供給されたLNG燃料は、北九州エルエヌジーの戸畑LNG基地から出荷されました。

このイベントは、西日本初の瀬取りLNGバンカリングとなる。

Daisy Leader は NYK によって供給されており、2024 年 3 月 28 日に同社に納入されました。

NYKによれば、LNG燃料は従来の船舶用燃料に比べて環境性能が優れているという。 これは脱炭素化への架け橋となるソリューションとして期待されており、硫黄酸化物(SOx)の排出を実質的に排除し、窒素酸化物(NOx)の排出量を約80%、二酸化炭素(CO)の排出量を30%削減する。2)排出量。

KEYSは今後も西日本地域でLNGバンカーを供給していきます。 船主は、これによりカーボンニュートラル社会の実現と日本のLNGバンカリング事業の発展に貢献すると期待している。

READ  日本のラジオ局の研究者が「静かな昼食」のために学校のスペースでビデオを作成します