Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本初の国内企業による自動販売機

地域経済を支える楽しくおいしい方法です。

レポーターの中澤征爾が大阪の人に昔住んでいたことを話すたびに 鶴橋彼らはよく「」と答えます。あ、焼肉!「これは、大阪の鶴橋駅に焼肉屋が普及していて、焼肉の匂いがするのが特徴の一つだからです。

駅周辺は賑やかな雰囲気の商店街が迷路のように集まっていますが、地元の商店が夜通しシャッターを閉めると、 近くの自動販売機のライトがあなたを歩き回らせますそして、これは、近所への彼の最後の旅行で誠二に起こったことです.

自動販売機の 1 つには特に強い魅力があり、彼がそこに向かって歩いていると、セイジは珍しい商品の選択でいっぱいであることに気付きました。

上のサインは、マシン内のボトルが飲み物ではなく、満杯であることを示していました ポン酢! 鶴橋ポン酢、 より正確には。

ここで驚いたのはそれだけではありません – ソースが良くないと思われる場合は、 あなたはあなたのお金を取り戻すでしょう.

周りを見渡してみると、ソースが気に入らなかった場合に機械からお金を取り戻す方法が見つからなかったので、代わりに従来の電話または返信メールを代わりに使用して、製品のロゴの 1 つにすべきだと考えました。 .

「ジャパンファースト!」というフレーズを見つけた。 デバイスの側面に、これが 日本初の鶴橋ポン酢専用自販機.

彼は鶴橋に住んでいましたが、鶴橋ポン酢について聞いたことがなかったので、彼はこの間違いを正し、購入することでそれについてもっと知ることにしました.

価格は 300 ミリリットル (4.2 オンス) のボトルが 750 円 ($5.48)、200 ミリリットルのボトルが 450 円です。

▼セイジは、より大きな300mlボトルを購入することで地域経済を支援することにしました.

小さな破片の入ったボトルが底のトレイに落ち、誠二がそれを拾うと、それはいい感じに冷えていました.

横の虚偽広告によると、たれは鶴橋てっちりとらやふぐ料理店を10年間切り盛りした浩平烈さんが作ったそうです。 その後、彼はポン酢作りに移り、5 年間技術を完成させた後、厳選されたポン酢をオンラインで販売し、鶴橋の 4 つの自動販売機で販売しました。

鶴橋に住んでいた頃、清司は一文無しの学生だったので、フグの鍋を食べるのが我慢できなかったが、とらやの話を聞いたのを覚えている。 閉店は残念でしたが、ポン酢は店で食べていたソースと同じものだったので、購入できてよかったです。

▼せいじは、近所を離れてから数年後、ついに虎屋の味を知ることになります。

ポン酢の味は醤油に似ていますが、通常は柑橘類が加えられているため、柑橘系のキックが楽しいです. 清治はフグを持っていなかったが、夕食にサラダと豚肉の鍋が並んでいたので、両方にタレをたっぷりかけた。

酸味が効いたタレは具材を存分に歌わせてくれます ゆず そしてその すだち シトラスフルーツ サラダにさわやかな味を与えます。 このさっぱりとした味わいが鍋でもお肉の旨味を引き立て、最高に美味しいポン酢製菓でした。

キリッとしたポン酢が好きな方におすすめのポン酢です。 セイジさんは普段は柔らかめのポンゾが好きなのですが、これを食べてみて、新しい定番になりそうです。

▼謎の「黄金ぽん酢」(365ml 1500円)やキムチぽん酢(200ml 450円)も購入可能

次回鶴橋を観光する際は、鶴八ぽん酢の自動販売機にも注目してみてください。 2フィートもあるパフェも忘れずに!

参照: とらや釜山
写真 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? フェースブックでフォローして そしてその ツイッター!

READ  日本への投資は大成功を収めることができます