Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本北部にある400年の歴史を持つ蒸留所は、再生可能エネルギーで環境にやさしくなります



児島総本店株式会社児嶋顕一郎社長は、2021年12月16日、山形県ヨネサワで、高温制御発酵槽の使用について発表しました。 (ミニチ/佐藤リオチ)

山形県米沢市-日本北部にあるこの何世紀にもわたる蒸留所は、クリーンで安定したインフルエンザを入手するために地元での使用を委託することにより、生産に必要なすべての電力源を再生可能エネルギーに変換することです。

山形県ヨナサワに本拠を置く児島総本店は、2022年以降に操業を開始する新会社の沖玉新電力から電力を受け取る。 県外で事業を行った後、故郷に帰国した両社の首脳会談のおかげで、蒸留所の発表は緑に変わった。

安土桃山時代の1597年に設立された児嶋顕一郎(児嶋顕一郎)社長(41)は、「沖玉地域への再生可能エネルギー供給が唯一の可能性であることに感銘を受けた」と語った。

児島総本店は、洗練されたザックブランドのトーゴを含め、年間約50万本の720ミリリットルの純米ワインを使用し、発酵と冷却の過程で年間704MWの電力を使用しています。 この数値には、重油の使用は含まれていません。 同社は、144の公的世帯を生成するのと並行して二酸化炭素を排出する責任があります。 新しいイニシアチブの下で、ブリューワーはその電力のすべてを沖玉新電リオから購入します。



児島総本店株式会社左のリーダーである児嶋顕一郎と沖玉新電力のリーダーである後藤博信は、児嶋顕一郎の写真です。

ヨンソバ出身の児島は、2015年に前任者から醸造所事業を引き継ぐ前に、東京と米国の企業で働いていました。 彼はまた、都市部に従事するヨンソバの若い事業者を含む、ウコギと呼ばれる8人のメンバーからなる会社を率いています。 発達。 Ukogiは、コロナウイルス感染の深刻な影響を受けた地元のレストランをサポートするために、2020年までに摂取される食品に関する情報を統合したWebサイトをすぐに立ち上げました。

グリーンエネルギーを利用したいという児島の願望は、地方都市ID出身の沖玉新電徳のリーダーである江藤博信さん(75)によって満たされました。 このアプリケーションは、地元で生産された再生可能エネルギーで沖玉地域の電力消費ニーズを満たすことを目的として、2021年8月に設立されました。 児島と琴は米沢光城館高校の卒業生です。 野村証券コインの副社長を務めた後、故郷に戻り、地域に貢献しました。

「持続可能な開発目標を達成するために、地元の経済界の若いリーダーたちと手を組みたい」とコット大統領は語った。

一方、児島大統領は、彼の会社が電気小売業者を選ぶことを許可するという国の現在の計画に感謝していると述べた。

「私は、アルコールを生産することによって地域資源における私たちのイニシアチブを活用するロールモデルになりたいです」と彼は言いました。

(日本語原作:佐藤亮地、ヨンソバ地方局)

READ  米国大使館の記者会見は、日本、韓国との会談が「建設的」であると述べています