Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本南西部で火山が噴火し、怪我はありませんでした

東京(京都)-気象庁によると、日本の南西部の桜島火山は日曜日の早朝に噴火し、クレーターの2.3キロ上に煙柱を送った。

気象庁は午前1時9分に噴火した後、爆発警報を発し、鹿児島市と鹿児島県の人々に火山噴火の影響から身を守るよう促した。 地元当局者は、爆風による負傷や物的損害の即時の報告はなかったと述べた。

火砕流は深淵から1.8km以内で確認されたが、2016年2月以降、2 km以内での人の立ち入りが禁止されているため、人的被害の可能性はないと同社は述べた。

同社は、活火山の5ポイントアラートをレベル3に維持し、深淵に近づかないように警告しています。 また、ベントから2 km以内の落石や火砕流には、注意を払う必要がありました。

日本で最も活火山の1つである桜島は、大隅半島によって九州南西部の主要な島々とつながっています。

1914年の大噴火により、鹿児島湾の桜島火山島と大隅半島の間の海峡が閉鎖されるほどの火山が噴火しました。

READ  マーティン・ハンナン:ライオンズの日本との友情はもう一つの無意味な危険です