Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本国民はゲームをキャンセルするための請願書を提出します

世界最年長の田中健は、今日東京のトーチリレーから身を引いた。 その後まもなく、日本国民は、国内でのCOVID-19の激化の中で、高額なイベントのキャンセルを求め始めました。 これは、日本政府が東京や他の州で非常事態を調査していると報じられた後のことです。

日本の高官から東京オリンピックの早期中止を求める声が何度かありましたが、主催者は計画通りにイベントを進めるという姿勢を堅持していました。 当初は2020年に予定されていましたが、COVID-19のパンデミックにより、東京オリンピックは1年延期されました。

試合まであと80日足らずで、コロナウイルスの症例が急増しているため、オリンピックに進むべきかどうかについて、住民だけでなく外国人参加者の間でも懸念が高まっています。 アジアの国は過去7日間で平均5,000以上の新しい陽性症例を記録しました。

国民が憤慨している主な理由の一つは、東京オリンピックで、500人の看護師を含む1万人の医療従事者に大会外で働くよう要請したことです。 コミコ・ジェイコブスと呼ばれる誰かによって始められた請願書は、4,650以上の署名を受け取りました。

「この危機の真っ只中に、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、日本看護協会にオリンピックイベントの看護師500人の申請書を提出しました。ある市民は、この冷酷な試みが日本の人々からすでに現在完全に使い果たされている限られたリソースは、せいぜい弱い試みであり、最悪の場合致命的です。

「日本はまだ大規模な予防接種プログラムを導入することができていません。ほとんどの日本人はそれを望んでいません。お金を使うために来る観光客なしでは、地域経済に利益はありません。オリンピックがもたらす唯一のものはより多くのCOVIDとバリアント」と、元の人々の出身であるMariaNaitoはコメントしました。

セバスチャン・コーが東京オリンピックの主催者に敬意を表する

一方、世界陸上競技のセバスチャン・クオ会長は、水曜日に札幌でマラソンテストイベントを成功裏に開催した後、東京オリンピックの主催者を称賛した。 イベントに参加した6人の国際的なアスリートが報告されており、厳格なCOVIDプロトコルを受けています。

「ここの組織委員会は、フィールドイベントを上演する能力だけでなく、もちろん、COVID-19プロトコルを含む他の複雑さを超えて提供する能力も示しました」とKuoは記者会見で言いました。

すべてのマラソンランナーとスタッフ、地元のメディアワーカーの体温がイベントで記録され、イベントの1週間前に毎日の健康アンケートに回答する必要がありました。 東京オリンピックの主催者は、国際的なファンが東京オリンピックに参加することを禁止しました。

READ  オリンピックはいつ始まりますか? 東京2020キックオフ日、開会式、全日程、テレビでの視聴方法