Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本国民年金基金は人民元建て国債を免除

日本の国債基金は、世界第2位の経済大国における流動性やその他のリスクを理由に、人民元建ての中国国債を1.73兆ドルのポートフォリオから除外する予定です。

世界最大の年金基金であるGPIFの決定は、水曜日の最新の取締役会の議事録で発表され、中国市場の主要投資家にとって容認できない高リスクへの懸念を受けて行われました。

東京と北京の関係は、地域の安全保障上の懸念、半導体産業、およびより広範な地政学的緊張に対する安全保障を強化します。

GPIFの高官に近い誰かが、この決定には政治的な優位性があるように見え、キャッシュフローは有益な言い訳になるかもしれないが、この動きはおそらく日本国内の全般的な景気後退に対する理事会の懸念を反映していると付け加えた。

GPIFで全体的な資産配分を緊密に形成している別の大規模な日本のファンドのマネージャーは、中国国債の発明を継続することを検討しており、同じ戦略には従わないと述べた。

7月のGPIF会合の議事録では、さまざまなグループメンバーが、人民元建ての中国国債に資金を割り当てることに反対しました。 GPIFの宮園正孝社長は、そうすることには3つの主なリスクがあると結論付けました。市場の流動性が比較的限られていること。 中国の債券は、他のソブリン参照に使用される国際決済システムから除外されています。 また、中国以外の投資家は先物取引を禁じられました。

GPIF委員会が9月22日に会合したとき、つまり世界市場がこれまでに債務を負った中国の不動産グループEvergrandeの潜在的な過ちに直面したとき、そのメンバーはRMP指定の政府証券への投資に反対票を投じました。

10月以来の最初のインデックス発行者であるFPSERussellは、中国のローンが世界の国債インデックスを段階的に廃止し始めることを発表することにより、GPIFの内部討論を3月に重大な段階に持ち込みました。 GPIFは、国内の日本市場で利用可能な最低金利を超えた利回りを得るために、ますますベンチマークに追随しています。

FTSE Russellは、今年中国をWGBIに追加するという決定は、その「グローバル市場としての到来」を示すと述べた。

同社の債券リサーチディレクターであるロビン・マーシャル氏は、民間投資家が中国の3つに構築されたグリッドの5.25%を反映するための資金を確保した場合、1300億ドルから1580億ドルの中国国債が市場に流入する可能性があると述べた。 2021年10月からの年。

中国の10年物指数は2.86%であり、10歳の米国のカウンターパートが1.50%の利回りで取引されているため、一部の投資家にとってより魅力的なものになっています。 しかし、より良いリターンを求める圧力が高まっているにもかかわらず、GPIFは中国の債務を含まないFTSEインデックスのバージョンをベンチマークします。

GPIFのポートフォリオは、要求が高まり、世界最古の社会の人口が激化するにつれて、近年劇的な変化を遂げています。 2008年、GPIFはポートフォリオの3分の2を国内証券に割り当て、約10%を外国株式と外国証券に割り当てました。 今年の時点で、国内外の株式と証券の割り当てがありました 25パーセントの目標 各。

READ  将棋は日本の「将棋ゲーム」で新しいファンを獲得した10代のスターです