Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本対サモア主審:ラグビーワールドカップ公式ジャコ・ベイバーとは?

日本対サモア主審:ラグビーワールドカップ公式ジャコ・ベイバーとは?

今年のラグビーワールドカップの審判の一人は、南アフリカのジャコ・ベイバー氏です。

2015年大会と2019年大会で試合を監督し、経験豊富な役員が第3回大会に復帰する。

ブルームフォンテーン生まれの43歳は、2008年にスーパーラグビー公式デビューを果たした。

2011 年の世界ジュニア選手権決勝の指揮を執った後、ベイバーは 2012 年にフル国際ラグビーに進みました。

3年後、ワールドカップのメンバー入りを果たし、ベイバーは同胞のクレイグ・ジュベールとともに12人のチームに加わった。

ワールドラグビーで育成の役割を引き受けたジュベールが正規職員として引退したことで、ベイバーは南アフリカのトップホイッスルとしての地位を確立した。

2019年の日本では、ペイパー氏が準々決勝の監督に選ばれ、ウェールズに惜敗した際に肘打ちをしたフランスのセバスチャン・ワハマヒナを退場させた。

この主審は、ソーシャルメディアに投稿された写真でウェールズファンのグループとポーズをとっているワハマヒナの行動を嘲笑したため、準決勝の任命候補から外された。

ペイパーは今年のフランス対ニュージーランド戦で先制ゴールを決め、ノックアウトラウンドでもう1、2回指名される有力な候補ではあるが、トップリーグでのキャリアは続いている。

2023年ラグビーワールドカップでジャコ・ベイバーが主審を務めるのはどの試合?

フランス対ニュージーランド – プール A (9 月 8 日、パリ)

主審:ジャコ・ベイバー(SA)

AR: カール ディクソン (イングランド) & クリストフ リドリー (イングランド)

TMO: トム・フォーリー (イギリス)

イングランド対チリ – プールD(9月23日、リール)

主審:ジャコ・ベイバー(SA)

AR: ピエール・ブルセ (フランス) & アンドレア・ピアルディ (イタリア)

TMO: マリウス・ヨンカー (SA)

日本対サモア – プールD (9月28日、トゥールーズ)

主審:ジャコ・ベイバー(SA)

AR: ベン・オキーフ (ニュージーランド) & クレイグ・エヴァンス (ウォール)

TMO: マリウス・ヨンカー (SA)

READ  オーストラリアはオーガスに日本のハイテク技術を求めている