Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本市場向けに新しい日産GTR2022を発売

ブランドの毎年恒例の儀式となっているもので、日産はGT-Rへの別のアップデートをリリースしました。 今回は日本市場向けの新型スペシャルエディションで、10月下旬発売の予定です。

日産は、新しいGT-R派生車を、ニスモT-Specによって設計されたプレミアムT-Specおよびトラックエディションと呼んでいます。 生産は2台の新車でわずか100台に制限され、所有者は投票用紙によって選択されます。

前者の価格は日本で104,000ポンド相当から始まり、後者の価格は約117,000ポンドです。 現時点では、日産はどちらの車も英国またはヨーロッパに持ち込む予定はありません。

•2021年日産GT-RNISMOスペシャルエディションを発表

GT-RプレミアムエディションのT-Specアップグレードには、より幅の広い(そしてより軽い)レイズアロイホイールと、より低いサスペンションなしの重量を利用するチューニングされたサスペンションが含まれます。 日産はまた、いくつかのモデル固有のステッチで、車のシートを作り直しました。

Nismo T-Specによって設計されたGT-Rトラックエディションは、新しいカーボンファイバールーフとトランクリッドのおかげで、標準車から数キログラムを失います。 T-Specは、ミッドナイトパープルとミレニアムジェイドの2つの新しいペイントカラーを選択して指定することもできます。

どちらの車もツインターボチャージャー付きの3.8リッターV6ガソリンエンジンを搭載しており、プレミアムエディションモデルで562 hp、トラックエディションで592hpを生成します。 両方の車はまた、同じ全輪駆動システムと6速デュアルクラッチオートマチックギアボックスを共有しています。

日産のスタントは、GT-Rニスモの発売で、今年初めに同様でした。 それはそのメカニズムを標準的なスポーツカーと共有しますが、新しいステルスグレイ塗装、排他的な20インチの合金、露出したカーボンファイバーフードなど、いくつかの化粧品の追加があります。

現世代のGT-Rのアップデートや特別版は、2009年に発売されて以来、ほぼ毎年届きます。日産は、この戦略は日本の「カイゼン」の概念に影響されていると言います。または「メンタリティの向上」。

しかし、この2022 GT-Rは、停止する前に目にする車の最終バージョンの1つになる可能性があります。 日産GT-Rは12年間販売されており、その間に2つのフェイスリフトと14のスペシャルエディションのバリエーションが見られ、同時にItaldesignの710bhpGT-R50エンジンの基礎を形成しています。

今すぐすべての最新ニュースを読む 400bhp日産Zスポーツカー..。

READ  ジョゼ・モウリーニョ:トッテナムのコーチは「少し大胆にやった後」解雇された