Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本式バーは赤字を記録したが、ファーストフードチェーンの売上高は大幅に増加した

日本のレストラン部門は、コロナウイルスのパンデミックの蔓延の中で外食する人々の数が減少するなど、最近の収益にさまざまな結果を報告しています。 居酒屋 バーのオペレーターは熱心に働き、急行の需要はファーストフードチェーンを後押ししました。

バーオペレーターのワタミは、政府がレストランにアルコールの提供時間を短縮し、ウイルス対策の一環として早期に閉店することを要求したため、金曜日の3月に終了する事業年度に115億9000万円(1億500万ドル)の損失を報告しました。

和民会長の渡辺ミッキー氏はオンラインブリーフィングで、「現状が続くと、2021年度の赤インクは50億円から60億円になると見込んでいる」と述べ、国に120億円の資本注入を要請したと付け加えた。 。 日本政策投資銀行。

レストラン・居酒屋を展開するコロワイドは、和風メニューチェーンオペレーターの大戸屋ホールディングスを含めて登録している。 、2020年度は過去最高の97.3億円の損失。事業見直しの一環として、48店舗の閉店を決定。

フードデリバリーとテイクアウトのブームの恩恵を受けているファーストフードチェーン事業者の中で、KFCホールディングスジャパン株式会社。 2020年度の純利益は82.9%増の28.1億円となりました。

日本マクドナルドホールディングス(日本)は、1〜3月期の売上高が前年比9.8%増の1,557億8000万円と過去最高を記録した。

誤った情報と多くの情報の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  搭乗中のワーカホリック:日本の急行列車がリモートワークカーをデビュー