Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府、スニル・ウィジェシーニャ氏に「旭日勲章」を授与 – ビジネスニュース


ワタワラ・プランテーションPLCのスニル・ウィジェシンハ会長が日本政府から「旭日勲章」を受章した。

この賞は、日本とスリランカの関係強化に対する傑出した永続的な貢献に対して授与されました。

旭日小綬章は、国際関係、日本文化の推進、環境保護において顕著な功績を残した人物を顕彰する目的で、1875 年に明治天皇によって制定されました。 水越英明駐スリランカ日本大使は、ウィジェシンハ氏に旭日重光章を授与し、日本政府が授与する最古にして3番目に最高位の勲章を授与した。

日本スリランカ芸術文化協会(JASTECA)の元会長であるウィジェシンハ氏は、スリランカにおける革新的な日本の組織管理システムの推進を精力的に提唱してきました。

彼の献身的な努力は、「5S」(効率的、効果的、そして安全に働くための空間を組織するためのシステム)、「クオリティ サークル」(非執行社員を品質および生産性向上プロジェクトに参加させる)、「トータル」などの概念の導入につながりました。スリランカへの品質管理とカイゼン(規制活動の改善に焦点を当てた概念)。

彼の先駆的な業績の 1 つは JASTECA の設立であり、設立メンバーの 1 人として中心的な役割を果たしました。 彼のリーダーシップの下、JASTECA はスリランカにおける日本の管理システムの導入と普及の触媒となりました。 また、5Sの導入に成功したスリランカ企業を表彰・表彰する賞プログラムも開始し、職場での効率的かつ効果的な実践の導入をさらに促進しました。

これらの努力に加えて、ウィジェシンハはスリランカで日本式経営と5Sに関する国際会議をいくつか主催し、新聞や雑誌で記事を執筆し、国内外で講演を行ってきました。 日本の管理システムの利点を広めるための彼の献身は、スリランカのビジネス環境に大きな影響を与えました。

ウィジェシーニャの貢献は権利擁護と教育を超えて広がりました。 彼はスリランカ政府の顧問として任命され、そこで日本の行政システムに関する経験を伝えました。
さらに、スリランカへの投資に関心のあるスリランカ企業と日本企業の双方に貴重な支援を提供し、両国間の経済協力と相互理解を促進しました。


READ  田中亮一氏が最高執行責任者としてテリックスジャパンに入社