Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府、企業に女性の健康への配慮を要請

日本政府、企業に女性の健康への配慮を要請

政府は金曜日、社会への積極的な参加を促進するために女性の健康に配慮するよう企業に呼び掛けた。

政府は男女共同参画白書で、管理職に就く女性の数を増やすために企業は女性特有の健康問題に取り組む必要があると述べた。

白書によると、男性は前立腺肥大などの男性特有の病気が50代以降に発症しやすいのに対し、女性は働き盛りの20代から50代までの幅広い年齢層で発症するという。仕事。

女性は20代から40代前半で月経異常、30代から40代で子宮内膜症を発症する傾向があります。 乳がんや更年期障害の症状は、一般的に女性が管理職に任命される40代から50代にピークを迎えます。

白書では、男女ともに健康意識と向上意欲には相関関係があるとしている。

例えば、自分は健康だと思っている20代女性では29.9%が向上心を持っているのに対し、健康ではないと思っている女性ではその割合が20.1%と低い。

白書は、女性が不本意に仕事を辞めることなく確実にキャリアを築くための支援が必要だと述べた。

白書は「女性が健康上の問題を抱えながらも働きやすい社会は、高齢者や障害者、男性も安心して働ける社会になる」としている。

READ  カリブ海のマングローブ湿地で発見された世界最大のバクテリア