Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府、金融政策を正常化へ

日本政府、金融政策を正常化へ




日本の与党の重鎮である加藤勝信氏は、中央銀行の正常化を可能にする条件を引き合いに出し、さらなる利上げに対する政治的支持の拡大を示唆した。 金融政策。 加藤氏は、日銀が経済指標を注意深く監視し、利上げ時期を決定する際に政府と緊密に協力する必要性を強調した。

加藤氏によれば、日本はしばらくの間、過渡期を迎えているという。 価格の停滞 賃金は両方とも上昇する水準に上昇し、市場の力学に沿ったプラス金利を伴う金融政策の枠組みへの復帰を確実にする。 しかし同氏は、利上げの決定は日本経済の強さ、特に消費の面での強さに左右されるだろうが、消費はそれほど強くない可能性があると警告した。

円相場について加藤氏は、円相場の絶対水準よりもインフレへの影響に大きな懸念を表明した。 同氏は、過去2年間にわたり国民がインフレ上昇の矢面に立たされてきたと指摘した。

加藤氏のコメントは、円安が一因となって生活費の上昇に与党が関心を高めていることを浮き彫りにしており、これが日銀の追加利上げ主張を促進する可能性がある。 日本銀行は最近、賃金上昇に支えられインフレ率が持続的に2%の目標に到達するとの楽観的な見方の高まりを反映して、3月に8年間にわたるマイナス金利政策を終了した。

READ  ドイツの首相:中国の経済の奇跡は消えつつある