Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府、PFAS化学物質の健康への影響は「否定できない」と発表

日本政府、PFAS化学物質の健康への影響は「否定できない」と発表

日本の食品安全委員会は火曜日、発がんリスクが懸念される中、PFASとして知られる化学物質の最初の健康評価において、ワクチン接種後の出生体重減少と免疫力低下に対する化学物質の影響は「否定できない」との結論を下した。

しかし、内閣府の食品安全委員会は、PFAS(ペルフルオロアルキルおよびポリフルオロアルキル物質)の発がんの可能性に関する「証拠は限られている」とし、健康への悪影響についてはまだ不明な点が多いと述べた。

PFAS はほぼ破壊されず、環境や人体に蓄積する可能性があるため、「永遠の化学物質」と言われています。

PFAS、またはパーフルオロアルキルおよびポリフルオロアルキル物質。 (写真提供:原田幸二・京都大学准教授(公衆衛生学))(共同通信)

これらの物質はパンのコーティング剤や防水衣料などさまざまな製品に使用されており、日本国内でも自衛隊や米軍基地の近くや工業地帯などで高濃度で検出されている。

委員会は、PFAS (PFAS) の最も代表的な 2 つの形態である PFOS (ペルフルオロオクタンスルホン酸) と PFOA (ペルフルオロオクタン酸) の 1 人当たりの 1 日あたりの許容摂取量は、各物質とも体重 1 キログラムあたり 20 ナノグラムであると推定しました。

政府は現在、この2つの化学物質に対して、水道水と川の水1リットル当たり合計50ナノグラムという暫定的な上限を設けている。

この評価と水道水中のPFAS濃度に関する現在進行中の全国調査に基づいて、環境省は暫定的な上限の見直しについて議論する予定だ。

2023年、世界保健機関のがん機関である国際がん研究機関は、PFOAを「ヒトに対する発がん性物質」、PFOAを「ヒトに対する発がん性物質の可能性があるもの」に分類した。

環境省が2022年度に全国47都道府県のうち38都道府県の河川や地下水を対象に実施した調査によると、16都道府県でPFAS濃度が国の基準を超える事例が確認された。


関連報道:

日本、水道水中のPFAS化学物質の包括的調査を初実施

2060年までに日本では65歳以上の5人に1人が認知症になる

懸念が高まる中、日本はPFAS化学物質の健康への影響を研究している


READ  グラミー賞のインタビュー:ミシェル・ゾーナー、ジャパニーズ・ブレックファースト・ビュッフェ、1年が経ちました