Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府では、女性はマネージャーレベルの仕事の5.9%しか占めていません。

2020年度、女性は東京の日本の役所でマネージャーレベルの仕事のわずか5.9%を占めており、職場の男女格差を埋めるのに国がゆっくりと進んでいることを強調しています。

内閣府は木曜日に、女性公務員が保有するこれらの役職の割合が前年度からわずか0.6ポイント上昇したことを示すデータを発表しました。これは政府の目標である7%を下回っています。

2019年12月、ほとんどの省庁が置かれている東京の霞が関地区に出勤する(経堂)

データの対象となった18の省庁のうち7つは、目標を達成できなかった。 国家公安委員会が1.4%で最悪のパフォーマンスを示し、国防総省が1.8%、国土・インフラ・運輸・観光局が2.1%と続いた。

その他の国は、総務省が3.7%、農林水産省が4.1%、審査委員会が5.9%、財務省が6.3%であった。

データは、日本における伝統的なジェンダーの役割の持続性と女性のエンパワーメントが直面している困難を示しています。 この国は、世界経済フォーラムの男女格差ランキングで120位にランクされており、7つの先進工業国のグループの中で群を抜いて最悪です。

3月に終了した2020年度の最高成績は、国務省が13.1%、文部科学省が11.8%、内閣府が11.5%であった。

菅義偉首相の政権は、2025年度末までに東京の役所で女性が管理職の10%を占めるという目標を含む、男女共同参画の新しい基本計画を12月に採択した。

政府は今年、割当の採用を含め、女性が担う指導的役割の割合を増やすための具体的なステップについてさらに議論を行う予定です。


関連する報道:

焦点:日本の政党は選挙前に女性議員の数を増やすために競争している

雇用された日本人従業員の37%を女性が占めています

政府委員会は、エピデミックによる日本の男女格差の拡大を警告


READ  ドルはインフレデータを待っているが、オーストラリアドルは中国に上昇している