Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府のスポークスマンは、COVID-19の非常事態を拡大する可能性を示しました

日曜日、政府のスポークスマンは、東京、大阪、および他の7つの都道府県におけるコロナウイルスに関連する非常事態が5月31日の有効期限を超えて延長される可能性があることを示した。

これらの地域では新たな感染の数が増え続けているため、非常事態はおそらく6月20日まで延長されることが広く予想されています。

加藤勝信首相は、「(非常事態宣言を)半緊急措置に引き下げるのか、それともしばらく宣言を続け、状況が大幅に改善すれば(9州)を通常に戻すのか」について話し合う。 NHKプログラムで。

COVID-19感染の第4波を抑えるために、菅義偉首相は東京、北海道、愛知、大阪、京都、兵庫、岡山、広島、福岡の各県で非常事態を宣言しました。これを知らされた。 午後8時までに閉店し、アルコールやカラオケはありません。

日曜日、政府は6月20日まで沖縄県を非常事態宣言にした。

加藤氏は、新期限が九都道府県に延長されれば、沖縄の有効期限である6月20日と一致する可能性があると述べた。

「地域ごとに異なる期限を設定することについての質問が見られることが予想されるので、グループでそれらを検討します」と彼は言いました。

加藤氏は、政府は感染数、COVID-19患者の病床占有率、および10州で緊急事態を解除することを決定する際の人々の動きに関するデータを考慮に入れると述べた。

同じプログラムの中で、慶應義塾大学教授でCOVID-19対応に関する政府諮問委員会のメンバーである小林喜一郎氏は、緊急宣言を急いで終わらせないよう政府に警告した。

小林首相は、「政府が急いで宣言を出すと、(件数は)回復につながり、経済に大きな抑制を加えるだろう」と述べ、首相に復活を避けるためのタイミングを慎重に検討するよう求めた。 。 感染症。

4月12日以降、沖縄は非常事態宣言前の段階にあり、地方自治体は非常事態と同様のウイルス対策措置を講じることができます。 玉城デニー知事は、最近の新たな感染数の急増の後、非常事態宣言が彼の州をカバーするよう要請しました。

郡政府は、アルコールやカラオケボックスを提供するレストランやバーに一時的に営業を停止するよう求めています。

中央政府は土曜日、四国市の状況が改善したとの判決に基づき、当初予定されていた有効期限の5月31日よりも早く四国市姫県でのコロナウイルスの緊急前段階を終了した。 緊急事態前のリストに含まれている県の数は現在8つです。

誤った情報と多くの情報の両方の時に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本のウイルスが工場の減速、経済ニュース、そして最も重要なニュースを抑制した