Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府の宇宙支出がスタートアップ投資家ブームに拍車をかける

日本政府の宇宙支出がスタートアップ投資家ブームに拍車をかける

日本の宇宙支出の急増は国内の新興企業にターボを与え、新分野への投資家の需要を刺激した。

中国の技術的・軍事的影響力の増大を受けて、日本の戦後の大規模な防衛力増強は、国内の宇宙産業にまれな追い風となった。

政府は宇宙スタートアップへの財政支援も約束し、今後10年間で1兆円(68億8000万ドル)の基金を設立する。

AFも報道:中国指導者らが会合、2024年の成長と景気刺激目標を設定

航空会社の例です BTエアロスペース同社は2030年の民間宇宙飛行サービスの開始を目指しており、2027年かそれ以前までに公募を検討しており、約170億円(1億1,700万ドル)の資金調達を見込んでいると小川修二最高経営責任者(CEO)がインタビューで述べた。

そうすることで、彼の会社は、東京市場にデビューし、今年数百万ドルの政府補助金を受け取ったレーダー衛星会社iQPSと月輸送会社iSpaceの足跡をたどることになる。

最近のロケット開発補助金に対する彼の会社の申請を政府が拒否したにも関わらず、元航空技術者で2007年にPDエアロスペースを設立した小川氏は、「ようやく日本の宇宙ベンチャーにリスクマネーと国家予算が入ってくるようになった」と語った。

名古屋に本拠を置く新興企業は、空中でジェットとロケットの燃焼システムを切り替えることができるエンジンを開発し、従来の空港で水平に離着陸できる新しいタイプの再利用可能なスペースプレーンへの道を切り開いた。

小川氏によると、PDエアロスペースのパートナー各社は政府資金による防衛プロジェクトにもっと関与するかどうかで意見が分かれており、有利な政府支援に注力する企業もあれば、非防衛宇宙プロジェクトのみへの投資を希望する企業もいるという。

「当社の現在の方針は、静かな使用に重点を置いた技術を開発することだ」と同氏は述べ、従業員の90%が同社がセキュリティ会社になることを望んでいないと付け加えた。

ドローン墜落事故

PDエアロスペースはこれまでに航空会社から12億円の資金提供を受けている ANAホールディングス旅行代理店の HIS Co と 20 以上の企業およびベンチャー キャピタル会社。

課題は山積しています。 同社の無人機は6月の試験中に通信の問題により海に墜落しており、宇宙飛行の打ち上げに新たに数百万ドル規模の政府補助金が交付されるのは2027年までとなる。

次回の資金調達ラウンドでは、主に物流や保険分野の企業パートナーから30億円の調達を目指す。 表面上、と大川氏は語った。

「簡単に言えば、私たちのIPOの最良のシナリオは2027年です…最初のプロトタイプの有人飛行を計画するときです」と彼は言いました。

同社の初の商業宇宙飛行の目標日は7年延期された。

同氏は、当初の計画では米宇宙飛行会社ヴァージン・ギャラクティックの2019年のIPOと同様、商業サービス開始後に株式を上場する予定だったが、サブフライトへの需要の高まりにより、2025年など早期の上場になる可能性があると述べた。

  • ショーン・オメーラによる追加編集を含むロイター

続きを読む:

宇宙開発事業団、サイバー攻撃後のロケットデータは安全だと発表

日本は2025年までに宇宙から太陽エネルギーをビームする計画

日本のiSpaceが初の商用月着陸船を打ち上げる

日本の宇宙機関が新型スクラムジェットを試験 – NHK

READ  衝撃的:トレバー・バウアーは日本で輝く