Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府は、より高い電気料金の申請を慎重に審査します

日本政府は、より高い電気料金の申請を慎重に審査します

日本政府は、岸田文夫首相の指示に基づき、電力会社による電力料金値上げの申請を審査することになっています。

日本の 10 の主要電力会社の半数が、4 月から始まる料金引き上げの政府承認を申請しました。

東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、沖縄電力は、家庭用の規制料金を28~45%引き上げる方針だ。

金曜日、岸田首相は閣僚に対し、申請書を注意深く精査し、手数料が上がらないようにする方法を検討するよう指示した。

経済産業省は、今後も燃料価格や為替などを勘案して審査を進める。

同省の動きは、利上げのマージンを減らし、4 月の利上げを妨げる可能性があります。

政府は最近、世帯加入者の経済的負担を軽減するために、キロワット時あたり 7 円 (約 5 セント) の補助金を提供し始めました。

政府は追加負担の軽減策を検討し、3月末までに公表する方針だ。

また、小麦と飼料の価格上昇に対して支援策を講じる予定です。

READ  「現代のおとぎ話」: お腹がすいたら見てはいけない、楽しい日本食と友情のドラマ | テレビ