Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府は、経済が年末までにCOVID以前のレベルに戻ると予想しています。

東京(ロイター)-日本経済は今年末までに流行前のレベルに回復する予定である、と政府は火曜日に発表された修正された見積もりで、ワクチン接種の進歩に支えられた強い輸出と個人消費に支えられたと述べた。 。

政府は中間レビューで、3月末に終了する会計年度中に経済が3.7%拡大し、ある時点で実質GDPが10月から12月に設定された547兆円(4.9兆ドル)を超えると予測しています。 2019年。

政府は、「日本の回復は、今年度上半期は緩やかだが、輸出と設備投資の着実な増加により、後半は加速する」と述べ、サービス支出も回復すると付け加えた。

この予測は、今年度の1月の4.0%成長という政府の予測よりも弱い拡大を示しているようです。 しかし、これは主に、2020年度の経済の4.6%の縮小が予想を下回ったことによるものです。

輸出のペースが鈍化する中、来期の成長率は2.2%に鈍化すると予想されます。 しかし、政策立案と国家予算策定の基礎となる予測によれば、強い内需は国内総生産を過去最高の558兆円に引き上げるだろう。

見通しは、政策立案者が金融または財政刺激策の立ち上げをすぐに遅らせることを好む兆候で、地域経済の慎重に楽観的な見方を描いた月曜日の中央銀行の報告に続くものです。 続きを読む

世界で3番目に大きな経済は、ワクチン接種において米国、英国、および多くのヨーロッパ諸国に遅れをとっています。 負傷者の増加により、日本は7月23日に東京でオリンピックが始まる数週間前に「半」の非常事態を維持することを余儀なくされました。

(ドル= 110.8800円)

(木原ライカによる報告)。 EdwinaGibbsによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  3月の日本での家計支出は4ヶ月ぶりの上昇を記録